ハラショーのライブにいってきた

こんにちは、今村です。

いきなり「ハラショーのライブ」と言われても「なんのこっちゃ」ですね。
ハラショーとは原田翔太さんのことです。

昔はアフィリエイターでしたが、その後、コンサルティングへ。
SEO会社を当時日本一のレベルまで成長させて、
ここ数年は和佐大輔さんと一緒に「創造的破壊クラブ」を主催。
現在は「大人の大学」を開講してネットビジネスに拘らない様々な
講師を呼んでビジネスに関する授業をしています。

というのは、言ってみれば経営者としての顔です。
実はもうひとつアーティストとしての顔も持っています。

昔はライブをよくやっていたそうですが、それも大人になってからは疎遠になってきて、演奏する側から演奏を楽しむ側になってたようです。

しかし…「ライブをやる」と決断をして、行動開始。

10年というブランクを埋めるように練習を重ね、
自分が足りないところ(バンドメンバー)はお願いして周り、
渋谷で有名なライブ会場  DUO Music Exchange を借りました。

その結果、昨日は400人を動員して大いに盛り上がったわけです。

ハラショーライブ

すごいことです…。本当にとてもつもなく、すごいことです。

だけど、さらっとやり遂げたわけではないと思います。
きっと見えないところではいろいろあったと思います。

「本当にできるのか?」という不安があったと思うし、
「もっともっと練習を」と藻掻くように練習したはずです。

ライブ中にハラショー自身が言っていました。

「俺、ビビリだから」

自信がないからこそ必死になるわけです。
そして、そのライブ前に行われたミニセミナーでは…。

「当たり前のレベルが違うんだよ」

周りから見たら考えられないほど努力しているように見えるけど、
本人にしてみたら「当たり前じゃないか」というレベル。

逆に言うと多くの人は「当たり前のレベル」がとてつもなく低い。

「こんなに作業したのに結果が出ません」

なんていう連絡が来たりするだけど、私からしたら、(たぶんハラショーからしても)全然、作業量が足りない。

一時期、ブラック企業が話題になりました。
休みがなく、サービス残業、慣れない仕事、安い給料…

そんなのネットビジネスを始めた頃は「当たり前」なんです。

報酬が発生しない初期段階では、完全な無休で無給。
漆黒のブラック…

ま、ブラック企業はそういう努力をしても昇進も昇給もないのが問題なんでしょうけど。

ともかく「自分でビジネスをやろう」という決意した以上は、
ブラック企業も真っ青なぐらいな地獄を見ないと結果は出ません。

ハラショーも同じようにライブ実現という結果を出すために地獄のような辛い思い、辛い心情だったと私は思います。

「一回地獄に落ちるしかねーな」と甘えたネット起業初心者には言ったりすることがあります。
それぐらい「当たり前のレベル」が低いのだと思ってください。

こんな反論もありそうです。
「だけど、誰でも簡単ってレターにあるじゃないですか!」

私の関係しているレターにはそういう言葉は出てきませんが、ネットビジネスの商品にはかなり頻繁に見かけます。

それは
「絶対的には間違っている」
けれども
「相対的には正しい」
と言っておきます。

起業するというのはほんとうに大変なことなんです。
私が最初に「起業したい」と思っていた20年ほど前でした。

20年前のオーソドックスな起業パターンとしては、定年退職後に小さなレストランを開くあるいはフランチャイズ加入する。という感じでした。

お店を開くために少なくても2000万円の資金が必要です。店舗を借りたり、内装工事したり、オープンまでの家賃、そして黒字転換するまでの運転資金。

「起業」とは人生を賭けた勝負だったんです。

でも、インターネットというインフラで状況は一変しました。
「0円で起業できる」というレベルまで下がったんです。

60歳とかで定年してようやく、たった1回の勝負ができる時代から、サラリーマンでも主婦でも学生でも、今すぐに何回でも勝負できる。

そういう時代になっているんです。

絶対的に見ると「誰でも簡単」は正しくはありません。
しかし、相対的に見るならば「誰でも簡単」は正しいのです。

ハラショーライブを見ながら「やりたいことやろうぜ」というフレーズがリピートしていました。

そのためにも特に最初の段階では、たくさんの苦労をします。
その苦労も「これぐらいは当たり前でしょ」という認識になるぐらい必至になってみてください。

その先に結果が生まれてきます。

私も恐る恐るネットビジネスをスタートさせたんです。
とてもじゃないけど「楽勝だぜ」と思いはありませんでした。

でもできるんです。
20年サラリーマンを経験して、がっつりビジネスマンマインドに染まっていた私もネットビジネスで自由奔放しているんです。

あなたもやってください。

だって、めっちゃ楽しいですから。


PAGE TOP