VHSビデオテープ復活大作戦 その2

15本ほどのVHSビデオテープがあるものの、あるテープに問題が発生。
具体的には、デッキに入れても突き返されてしまいます。

テープを入れると、ウィーンと吸い込まれていきます。
その途端にガコンと吐き出されてしまうのです。

何度やってもまったく再生してくれません。
遠い遠い記憶をたどっていくと、こういう体験があったことを思い出しました。

それは「テープがキツく巻かれている」状態ということです。
例えが見つからないので説明が難しいんだけど…。

ビデオテープは2つのリール(白い円状のもの)に巻かれています。再生にして、巻き戻し、早送りで、テープは左右のどちらかのリールに巻かれていくわけです。
このリールにキツく巻かれていると、引っ張り出そうとしても摩擦で引っ張り出せないというわけです。

こういうときどうするか…。まずはビデオテープをひっくり返して、リールを手で動かしてみることにします。でも、そのままではロックが掛かっています。
リールとリールの中央に、底の浅い穴があります。実はこの穴は押し込むことができます。小さな板が組み込まれているのですね。これがロック解除です。
ビデオデッキに挿入されたときも同様に、この穴を利用してロックが解除されています。

image

さてさて、実際に手で回そうとしても固くて回せません。これはダメです。
機械的には安全のために力づくで回すことを諦めて中断してしまったのでしょう。
こうなったら最終手段に出なければなりません。

ビデオテープを分解して、リールの巻き取りを調整します。
分解は簡単。ネジを全部外して、丁寧にバラしていきます。
ここで気をつけて、リールが外れたりするとテープがぐちゃぐちゃになってしまいますからね。

image

さて、リールがむき出しになったら、2つを同時に同じ向きに巻いていきます。
数回程度で構いません。ビデオデッキが最初の段階で引き出すテープがの長さだけで十分ですから。目安ですがビデオテープ横幅と同じ長さぐらいです。

あ、ちなみに「ロック」の部分を内側から見るとこんな感じです。
image

あとは元どおりに戻して、ネジを止めればOK。

早速テストしてみましょう。
ビデオデッキにテープを挿入してみます。
ガチャン、ウィーーン、カチッ。

やったー、無事に読み込んでくれました。めでたしめでたし。

日々達観amazon, VHS

Posted by ライトニング 今村 吉宏


PAGE TOP