引越し業者を決めよう(トラップ付き)

今まで事務所と住居が別々だったけど一緒にする。ということで引越し業者を探さなきゃ。
しかし、簡単に引越し業者といってもたくさんあって選ぶのが大変。

レストランならアッチコッチ試して「ここがいい」って決められるけどね。
なので一応口コミサイトなんかを確認してみる。

引越し侍
suumo引越し見積もり

ふむふむ。だいたい似たり寄ったりだね。
しかも、激烈悪い体験をした人も、どの業者もある。
つまりは、担当となった「営業の人」「作業の人」によって評価が別れるということだ。

それと大手数社が圧倒的で、残りが置き去れているほどクチコミ数に差がある。
やっぱり「失敗したくない」という不安があるから、どうしても大手選んじゃうよね。

客観的な数値で判断できるのは「価格」だから、どこもどうしても価格競争になる。
さらに大手も一緒になって競争するから、サービスの質はどうも見えてこない。

そこでとりあえずは「一括見積もり」というものを試してみることにした。
ここで少々のトラップを仕掛けておく。

一括見積でもいろいろと書き込むことができるので、ベッド、テレビなどから細かなものまで、ぜーーーんぶサイズを調べて報告、さらに「洗濯機と冷蔵庫を引き取って欲しい」と記載しておく。

で、一括見積もりをボタンを押した瞬間からメールがドカドカとやってきた。
1通目は「自動返信」の部分だから全部スルーしておく。

次の2通目からが勝負。
まず、私が調べた内容で「仮見積もり」を出さなかったところ、「引き取り」について言及しなかったところは、バッサリ切り捨てる。

「とりあえずお電話ください」なんて脳天気なメールを送ってくる業者なんぞ要らん。
そうするとアッという間に3社に絞り込むことができた。

さてさて、そこから「引越し元住所」「引越し先住所」「電話番号」「確認可能日付」を伝える。

住所がわかると、引越し元、引越し先の道路状況がすぐにわかる。
引越のトラックを止めることができるかというような重要な情報が確認できるからなのだ。

「電話番号」は2つめのトラップ。
電話は、当日の連絡用で、それまでメールでやり取りすることも併記しておく。
じゃー、契約決定後に書けばいいんだけど、あえて書いてみた。
それは「こちらの要望を守ってくれるか?」というトラップだ。

オラオラ営業でお構いなしに電話をかけてくるところに切り捨てる。

さすがに大手3社だっただけにそういう無茶なところはなかったな。
1社は「最終確認のために当日前に一度お電話させてください」
1社は「本日、訪問可能ですのでメールをお待ちしております」
1社は「明日、訪問可能です。夕方までにお返事ください」

で、最後のトラップ(というわけでもないけど)、ちゃんと訪問をしてくれたところにしようと思っていたのでした。
確かに詳細にスタンド型掃除機から、照明器具まで本当に細かなところまで伝えました。
でも、それが本当かどうかわからないですよね。

電話で確認しようとしても「営業マンの目」で見ているわけではないので、やっぱり見落としがある可能性があります。ということで「ちゃんと来てくれる」ということが条件だったわけです。

1社はメールだけのやり取りで契約を遂行しようとして、電話で契約確認しようとしました。
この業者は、メールだけという点で脱落です。

残り2社ですが「本日、訪問可能」という業者に連絡をとって訪問してもらいました。
年齢的には50歳過ぎぐらいかな。とても腰の低い方が来てくれました

部屋の中をチェックして見積もり。ふむふむ。おおぉ、予測した通りの価格。
しかもメールだけで契約しようとした会社と1,000円高い程度の差です。

OK.

あと明日もう一社が訪問してから決めちゃお〜。と思っていたのですが…。
「今日、確定というのはどうでしょうか?」とプッシュしてくる。

うーん、そりゃ悪くはないけど、決め手がないからなー。
お願いできることといえば「値引き」ぐらいしか無い。

でも値引きってあんまり好きじゃないんだよね〜。
私も商売人なので「値切られる」というのが嫌い。
ちゃんと利益を確保して欲しいという思いがあるのです。

「実は、サイズを詳しくメールしたこと、電話を禁止したことにも理由があって…」
なんて私が考えていたことなんかを話しながら…。

参考までにということで「この会社はこんな見積だったよ」と提示をしてみた。
私の思いとしては同じ金額だったら、ここにしようと思ってました。

すると「わかりました!これで!!」と思い切った値引き額が。
「えーー、これ大丈夫ーー」と思わず私が心配するほど。

その方いわく…
「最初は差額だけと思っていましたが…それじゃ営業としてダメだ!と思っちゃいまして」

営業魂燃えちゃってなんか頑張っちゃたみたいです。
電話で上司と若干揉めてましたが ^^;

ということで、めでたく気持ちよく引越し業者さんが決定しました。
わーい

後は当日の「作業の人」によって最終評価が変わります。
これまでの引越経験でも「営業は良かったのに作業員がひどかった」ということがあります。
その時は、なんというか、とにかく急いで雑に終わらせる感じだったりね。

ということで「引越し業者決定!!」しました。

ps.
もしかしたら上司との電話のやり取りを含めて営業トークだったということもあり得ます。
実際にそういうテクニックがあります。
でも、まー、それを知っている私が見ても気持ち良い契約だったということです。
契約は最終的に「その人柄」が決め手になるよね。

日々達観引越

Posted by ライトニング 今村 吉宏


PAGE TOP