結婚式に参加に伴う失敗あれこれ

今日は午後から友人の結婚式に参加することになっていました。
事務所に一緒に参加する仲間4人と午前9時に集合して出発の予定。

まだ、少し時間があるので8時にオープンしたばかりのスタバでコーヒーを飲みに行くことにしましょう。
ここはスターバックス・インスパイアのお店で通常の店舗とは異なりお酒があったりします。珈琲の一杯ずつオーダーによって様々な方法で入れてくれるという素敵なお店なのです。

ほぼ毎日のように通っているのですが、オープンとともにビシッと礼服だったので顔見知りとなった店員さんが驚いてました。^^

で、カウンターで接客をしていたのが私の知らない、どうやら新人さんだったようなのです。その彼がやらかしちゃいました。(笑)

まず、前のお客さんがお金を払っている時、私は顔見知りの店員さんに向かって少し話をしていました。すると私の後ろに並んでいる人が、すっと入り込んでオーダーを始めたのです。
私をすっ飛ばしたお客さんもアレだけど、それをそのまま受け入れる新人くんもイカンなーと思った次第です。

さらにオーダー間違いもやられました。 ><
カフェアメリカーノが、カフェラテに…
アーモンドクッキー温めが、冷たいままに…
そして、お釣りを間違う…

「今日はついていないかもしれない、大人しくしていよう」
たいてい不運なことは連続するのでこういうときは変なことをしないほうが良いのです。

予定通りに午前9時に全員が集合して、タクシーで結婚式会場となる南青山まで出発です。
ところが渋滞。20分程度で到着する予定が40分ぐらい掛かって、遅刻寸前に到着。

「やばーーい、セーーーフ」
慌ただしく降りて、会場の係員に声を掛けたところ…

「こちらの会場ではありません」
「えーーー!」

タクシーの運転手が間違えた。招待状にあった地図を渡して案内してもらったのに、まじかー。支払を終えた瞬間だったので、急いで乗り込み、発進。

“本当”の会場はすぐ近くらしいので、なんとかなる。カーナビ頼むよ!
「ポーン、左です」と曲がったところ、正面は“階段”。
当たり前だけど車は通れない。「まじかー!」

ということで車を降りる。地図で見ると徒歩3分程度の場所。
タクシーよりも歩いたほうが早い。

運転手さんはしきりに誤っていましたが、しょーがない。
トラブルは楽しむのに限る。

なんだか住宅街の裏路地みたいなところを礼服をきた4人が歩く姿がシュールでした。
遅刻はしましたが、もともと時間に余裕があったみたいなのでセーフ。

受付をして、結婚式に参列し、披露宴を楽しんできました。

2016-09-10-11-08-46

で、最後の最後で私自身がやらかしてしまいました。
披露宴中にふと気が付きます。「あれ?ご祝儀だしてねーや」
受付の時に渡すはずなのに参加の名前を書いただけにしてしまった!
これでは「タダ飯食い野郎」になってしまう。

会場の人に渡し忘れたことを伝えて、新郎のご両親に直接手渡しました。
あー、大失敗だな。
受付の人も「あのー、ご祝儀は?」とは言えないものね。

ということで、ミスを受けたり、ミスしたりの一日なのでした。

ところで結婚式&披露宴はとても素晴らしかったですね。
一緒に仕事したり遊んだりしていた彼が、メッチャ美人のお嫁さんといるというのは素晴らしい。
新郎のスピーチも完璧というぐらいカッコ良かった。^^

日々達観びっくり

Posted by ライトニング 今村 吉宏


PAGE TOP