金曜日に起業家バーベキュー

先週の金曜日に「起業家BBQ」ということで青空の下、バーベキューを楽しんできた。

事の始まりは山中湖に遊びに行った時(6月5日)まで遡ります。解散する前に「また遊びたいね」「何しようか」「バーベキューとかどう?」
その日は日程までは決められなくて、あとはチャットで日程調整にをしたのでした。しかし、既に梅雨入り。毎日のように土砂降りの雨が降っている。

そんなとき、ある人が「21日しましょう。晴れます」と言い出す。おいおい、こんなに毎日雨が降っているのに大丈夫か?しかし確信があったようです。「30年天気予報では晴れだから」

天気出現率

ようするに30年過去の実績から未来の天気を確率的に予想しましょう。ということだ。なるほど、たしかにコレだと晴れている。みんなからの「本当に晴れるのーーー?」という疑心暗鬼の声に微塵の迷いもなく「大丈夫です。晴れます」という言葉に日程は決まった。晴れてくれ!

結果…晴れました。見事に。

さて、いつもの私の悪い癖なんだけど、当日になって場所を確認。千葉浦安の公園。移動に…2時間か…あれ、間に合わないや…。ということで遅刻確定のままお出かけ。電車を乗り継いで浦安駅へ。ここからはバスだけど待ち時間がかかるからタクシーでGO。約30分遅れで到着。

あれ?あれれ?どこでやっているんだろう。何組かバーベキューをやっているところグループがいたんだけど、山中湖に一緒に行ったメンバーが見当たらない。おかしいな…。他にもバーベキューを会場があるのかもしれない。散策してみよう。ということで歩きまわってみた。バーベキュー会場を通り越すとすぐに海が見えた。

浦安の海

海っていいね。なんだろう、この開放感。潮風にあたりながらまったりとお散歩。ぐるりと回りこんでみたけど、どうも他にバーベキューをやっているところ、できるところはなさそうだ。(広すぎて回りきれないけど)そうだ、管理事務所に聞けば判るはずだ。ということで公園の入口まで戻った。「○○って人のグループはどこになりますか?」「えーとね。あそこだねーー」と指差されたのは、一度顔を出したところだ。でも顔見知りは誰もいなかったのに…。

主催者が全員揃って遅刻か?と思いながら、声をかけて見る。と、「そうです。ここです。実はみんな買い出しに出かけちゃったんです」なんてこったい。だからいないのか。公園での遊び道具を仕入れるために出かけてしまったらしいのだ。残されたメンバーは主催者が開いた「せどり」塾の生徒たちだった。平日の金曜日に集まることのできるメンバーだから、みんなしっかりと稼いで自分のペースで生活できる人たちだ。

「さっき、ここ通り過ぎましたね。もう出で立ちが、コッチの世界の人って感じでしたよ(笑)」

確かに…。遅刻は確定してたからまったりと最初に管理事務所に寄って、そこで販売されていたソフトクリームを食しながら、歩いていたのだ。サングラスに短パンに靴はクロックス。サラリーマンの休日でさえ、人前に出る時はしないだろうなーというラフな格好でおでかけしてた。いいんですよ。自由なんだから。

ちらりちらりと自己紹介をしながら皆がどんな風に「自分ビジネス」をやってきたか聞いてみた。いやー、面白いね。本当に個性的。今回のメンバーは「せどり」という点では共通しているんだけど、その方法は一人一人オリジナルの部分があって、とても感心させられる。スケールがとてつもなくでかい人がいて「月商700万円」とか、そりゃもう法人レベルでしょ(笑)。だけど、彼はまだサラリーマンで副業でそれだけの実績を上げているのだ。月商だけど利益ベースでもメッチャ稼いでいる。

主婦の人もいた。その人が「せどり」に出会ったきっかけが面白かった。もともとは友人の美容院経営の立て直しのために「ネットで集客」したいという思いから「あるネットビジネスのコンサルタント」と契約をした。それが本当に酷かったらしい。

「facebookで集客でしましょう。あなた女性だから、肩とか露出させて、友達をとにかく増やしてください」

その主婦の方いわく「気持ち悪」だそうです。だろうね。アドバイスも気持ち悪かったらしいけど、もう態度とか気持ち悪くて契約したことを後悔したそうです。そして、その気持ち悪いコンサルタントから「”せどり”もやってみなさい」ということで、今日のイベントの主催者を紹介されたそうな。それは単にアフィリエイト報酬目的での紹介だったんだけど、結局はその主婦にとっては救いとなった。役に立たないアドバイスしかしないコンサルと違って、理論的に「これはやったら結果が出る」と判る方法を教えてもらい、紳士的な対応で質問にも答えてくれることに「出会えてよかった」と心から思ったそうだ。集客とは違ったけど、ネットビジネスの可能性に気がついたようだ。

出会いというのは人生を変える。

これは本当に思うね。私もたくさんの人との出会いによって新しい道が開けてきた。一期一会というけど、本当に大切だと思う。多くの人は「偶然の一期一会」を追い求める。それじゃダメだね。会社に所属することよって生まれる出会い、趣味の集まりによって生まれる出会い。それだけでは難しい。もっと、上のレベルを目指さないと。自分と同じラインの人と出会ってもしょうがない。自分よりも上のラインの人に出会うことで刺激をもらえるし、新しい世界を垣間見ることができるのだから。

さて、しばらくしてようやく山中湖メンバーが戻ってきた。スイカやら巨大な水鉄砲やら、おいおい遊ぶ気まんまんだな。ということで、バーベキューでお肉をジュージューと焼いて、日差しが照りつける中、外で食べる肉というのは格別にうまい。

お腹いっぱい食べたあとは水鉄砲でびしょ濡れ。そしてスイカ割り。グルグル回ってからだからハードル高い。みんなフラフラになりながらも見事ヒット。このスイカ…美味い!。やっぱり暑い時はスイカだね。冷房の効いた家の中で食べるスイカとは違う格別な美味さがそこにはあった。

バーベキューは午後4時までしかできない。公園の決まりなのだ。なので午後4時に解散。さーてどうする。まだ時間があるねってことで、大江戸温泉物語浦安万華鏡にいくことになった。このノリ、いいねー。温泉に浸かり、和食御膳を食べて、みんなでまったりと時間を過ごす。気が付くと午後11時。遊びまくった。ということでここで解散になった。

オープンカー帰り道、同じ方向ということでベンツのオープンカーに乗せてもらって渋谷駅まで送ってもらった。彼は「せどり」で儲けて、この車を買ったのだ。高速道路でオープンカーというのはスピード感もあり気持ちが良かった。トラックの横を通ったときには「おぉ」と思わず声が出た。何しろフルオープンだからね。トラックの側面が迫ってくるような威圧感を感じたりする。

東京では車で移動するよりも電車のほうが早い。だけど、こういう心地いい体験をすると「車でドライブもいいな」と思ってしまう。やはり体験するということは大切だね。