起業指南 ミッションなんかねーよ

前回「起業したい?」の問いに対して、たくさんのお返事いただきました。
私も昔は毎日のように起業について考えていましたからね。

「どうやったら起業できるだろう」と情報収集をひたすらしていました。

思うに、そのときは「起業すること」自体が目的だったと思います。
それを例えるのならば「結婚したい」「旅行したい」「貯金したい」みたいな
「得ること」より「すること」を求めていたような気がします。

「起業することより、起業して何をするかが大切だろ(笑)」

と言われてしまうかもしれませんが、
当時は起業すること以外は頭になかったです。

ぶっちゃけ儲かるのだったら何でも良かったと言えます。
(もちろん犯罪的なことや道徳に反することは論外)

最近はそういう「とりあえず起業」でいいのかなーと考えています。

いわゆる「自分のミッションを見つける」という考えがありますね。
生まれてきた以上、何かしらの人生には任務(ミッション)がある。
というやつ。

ミッションを見いだし、そのために生涯を費やすことが人間としての意義。
人生は一度しか無いのだから、あなただけのミッションを見つけよーー。

たしかに故マザーテレサは人に希望を与えることがミッションのようだし、
故スティーブジョブズは新しいイノベーションを起こすことだったし、
国会議員さん達は「子供たちの未来のために」を真意はともかく連呼している。

ま、そういうミッションが見つかった人は幸いだし、
それに向かって突き進めばいいかなーと思ってます。

ですが…

正直なところを私自身、
ミッションなんて大層なものは見つかっていません。
たぶん、死ぬまでわからないだろうなと思っています。

もしあるとしたら…私と関わった人は幸せにする…ぐらいかな。

家族や友人など、一緒に笑ったり泣いたり怒ったり、
基本的には会う度に喜びを共有する人生を送ろうと思っています。

そのために必要なのは「お金」と「時間」です。
一緒に遊ぶとしてもお金が必要です。時間も必要です。

「○○したいんだけど、空いている?」と言われて
即答できるような自由な状況でありたい。

そのためにはサラリーマンでは無理です。
金銭的にも限界があるし、時間なんてもっと限られています。

ならば起業するしか無いじゃないか…。

いわば、私にとって起業というのは「私と私の周りが幸せになるため」という
とーーーーても狭い範囲で決断されたのだと言えるわけです。

もちろん、私のお客さんの幸せも考えています。
「お客さんを幸せにする」という考え方は絶対的に必要です。
でも、起業前はいったん脇に置いておきましょう。

そもそもまだ自分で商品を販売すらしていないのですから、
お客さんの幸せを実感できるはずもありません。

そんな空想の世界に思いを馳せるよりも、より実感が感じることができる
とりあえず、私と私の周りの人の幸せを求めて起業する。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

どうでしょう。
賛同してもらえますか?

起業に関する考え方は時代とともに変わってくるし、
事業を続けていく中でも変化をしていきます。

今の時代…インターネットという超便利な環境のお陰で、
起業なんてメチャクチャ簡単になっています。

ミッションを見つけて起業するという順番から、
とりあえず起業してみて、後からミッションが見つかったらラッキー。

ぐらいでOKの時代なんですよ。
本当に、チャンスだらけの世の中になったものだ。

ということで起業についてちょっと書いてみました。
あなたはどんな風に起業のことを考えていますか?

日々達観我思う, 脱サラ&起業

Posted by ライトニング 今村 吉宏


PAGE TOP