起業するときに従業員は必要か

こんにちは、今村です。

起業ネタを今日も書いていきましょう。

「従業員はいなくてもやっていけるでしょうか?」
という質問をいただきました。

従業員がいると仕事がはかどりますね。
一人の力よりも二人、二人より三人のほうが作業量が断然違います。
またアイデアを出し合ったり、励まし合ったりすることもできるので
一人で起業するよりも心強いです。

ネットビジネスは一人で全部をこなすことができます。
情報をコンテンツとして、ダウンロード販売という形をとれば
規模が大きくなっても従業員を雇わなくても構いません。

そういうネットビジネスにおいても「サポート」や「記事作成」などは
外注などで他人にやってもらうことで効率化させることができます

ここでいう外注もある意味、従業員を雇うのと同じですね。

私は現在、積極的に外注化を進めていて、できるだけ自分の時間を
確保できるように努めています。

「人に任せられるところは全部任せる」

という感じで様々な業務をお願いするようにしています。
究極的には自分しかできないことが残り、その部分にエネルギーを
集中させることができるようになりますからね。

ここまでの話だと「従業員はいた方がいい」ということになります。

しかし…

それはあくまでも事業が順調に進み始めてからの話です。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
起業したばかりの時は逆です。従業員はできるだけ雇わない。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

起業した直後というのは、先の見通しがなかなか立たない状態です。
「来月の利益はどのくらいだろうか?」と漠然としている状態で
従業員に対しては、きっちりと支払いをしなければならないのです。

従業員にも生活がありますから「今月は無報酬です」というわけにもいきません。
そのようなことは法律的にも倫理的にも問題があります。

私はスタート段階から程なくビジネスが回り始めた頃に従業員を雇いました。
メルマガの執筆を任せたり、セミナー会場の手配、領収書の整理など
細々したことを頼んでいました。

その際に困った状況が時々発生しました。
しばしば「頼むことが無い」という状態になってしまうのです。

自分が立ち上げたビジネスですから、全ての知っているのは自分だけです。
その一部をお願いするにしても「ここはこういう風に」と細かい指示を出しながら
業務を依頼しなければなりません。

多くの業務は、一部分だけを切り取って任せられるものは少ないので、
「依頼するよりも自分でやったほうが早い」という結論に達してしまいます。
結局、これまでどおり全てを自分でやっているということがよくありました。

その間、従業員は時間を持て余して、勉強の時間になったりするわけです。
給料を払いながら勉強させるってなかなかの贅沢な状態ですね。

これは外注化や従業員を雇う前に、依頼する業務を明確化していなかったために
起きてしまったことです。こういう結末となった話はよく聞きます。

その点から起業する時に考えるべきは次の2点になります。

・「できる限り雇わない」と決意してスタートとすること。
・将来的に引き継ぐことを前提に業務を行うこと。

収益性で先が見えるようになって資金的な余裕ができていること、
そして任せる準備ができた状態になってから従業員の雇用を考えましょう。

しかしながら、店舗ビジネスにおいては一人では不可能な事業もあります。
飲食店においては、厨房とホールで最低二人体制が必要になるでしょう。
お店の規模によっては、さらに二人、三人と必要になるかもしれません。

そのような場合はどうすればいいでしょうか。

物理的にどうしても必要という場合も必要最低限の人数に絞り込みできるように
作戦を立てていきましょう。それは業務の絞り込みで可能になります。

お店の営業時間が午前11時から午後9時までの10時間営業だとしたら、
従業員(アルバイト)は最低二人は必要になりそうですね。

そこを一人で済むように作戦を立てていきます。
例えば、営業時間をランチタイムだけ、夕方だけに限定してしまうということです。
あるいは夕方は通常営業だけど、ランチは自分一人だけでお弁当販売でも構いません。

「そんなー。少しでも長く営業したいです。確実に売上は上がりますから」

という意見があるかもしれませんね。

営業時間が長ければお客の数も売上も増えるのは当然のことです。
※当然とは言い切れませんが。

ついつい「頑張れば儲かる」と考えてしまいがちですが、そこは一旦おいて
まずは「以下に支出を減らすか」ということを検討してください。

家賃、従業員など毎月必ず支払わなければならないものを以下に削れるか
起業する段階では徹底的に検討しておく必要があります。

「ランチ時間しか営業しない」と覚悟を決めたら、いろいろと戦略が生まれてきます。
どのようにアピールするか…、価格戦略は…、ポップはどうするか…。
制限があるほどにアイデアというのは不思議と出やすくなるんですよ。

単純に「営業時間を長くすれば」という安易な発想では終わらなくなります。

そして利益を確保できるようになったら、おめでとうございます。
従業員を雇って「事業拡大」をしていきましょう。