iTunesはなぜにこんなに分かりにくいのか…

iPod,iPhoneなどの音楽を持ち運べるデバイスがシンプルになった理由の一つに「曲の管理はパソコンで行う」という割り切りがあったからだそうです。たしかに初期のiPodのような操作に大きな制限があるデバイスにおいてはデバイス側ですべて行うというのは難しいものでした。「やらない」という決断はとても素晴らしいと思います。そして、その考え方はiPhoneにも引き継がれました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-03-11-37-39

曲の管理がiTunesでできることはいいのですが、iPhoneのような「シンプル」を極めたような操作性に対して、iTunesの「なんでこうなっているの?」という部分があまりにも多くて困惑します。

iTunesで悩まされたこと

昔のことですが…iPhoneは単体で曲を購入してダウンロードすることができたりするので、殆どの場合はiTunesの出番はありません。そこでバックアップを取ろうとしてパソコンに繋いで同期をしたところ、購入した曲が全部消えました。ビックリです。サポートに聞いてみたところ「iTunesに合わせるので、iTunesに無い曲は消されます」ということだった。なんじゃそりゃ!だったのですが、後のバージョンアップでiPhone,iTunesのどちらで購入しても削除しても「新しい操作」のほうが優先されるようになったようです。なんで最初からそうしないのかわからないけど。

曲の追加もよくわからずに困りました。感覚的にはiTunesに接続されたiPhoneの「ミュージック」にドラッグ・アンド・ドロップすればできそうですが、そうではありません。まずはiTunesの「ライブラリ」に追加をしてから、同期をさせるという流れになります。要するに「繋がって表示されているけど、直接操作はできない」ということです。見た目とできることの違いがあるので混乱します。このライブラリとiPhoneが同じサイドバーに表示されているのがダメなのでしょう。ココらへんのユーザービリティが低いのがiTunesです。

まだまだ闇は深い

他にも曲の一覧の中にチェックボックスがあります。これはマウス操作で曲クリックすると反転する「選択」とは別の「選択」で一括操作をするときなどに使うようです。この2つの選択…ヤヤコシイと思いませんか?便利にしようとして不便になった典型だと思うのです。

自作の曲を同期しようとiPhoneをつなぐと「バックアップ」からスタートして1曲追加するためにも30分近くかかります。このあたりも不満です。バックアップが大切なことはわかりますが、30分前にバックアップ済みなのに、繋ぎ直しただけで一からやり直すのはどうにかして欲しい。

アプリも同様の問題があります。iPhone側で削除をしても同期をすると復活したりします。この制御が本当に理解不能で、復活してしまったら諦めてiTunesで削除後に同期でiPhoneから削除する手順を踏みます。で、iTunesには「もういらないアプリも全部表示されたまま」という面倒な仕様になっています。

どこまでもシンプルを極めてきたAppleにとって、このアプリの考え方というのがなかなか理解できずにいます。ジョブズがいたところからこんな感じでしたから、どうなんでしょう。ジョブスはあまりiTunesに感心がなかったのでしょうか…。

iTunesがメインであると考えれば理解できる(かも)

iPhoneをメインで使っていて、管理アプリとしてiTunesを使っている感じでした。実はその考え方が混乱を招く原因かもしれません。もともとiTunesは音楽や動画などを管理するアプリでMac上で利用されているものでした。それに外部のデバイスの管理をする機能が追加された。と考えると少しわかりやすくなります。

でも、やっぱり…分かりにくいです。たまにしか使わないから余計にそう感じるのでしょう。代替のアプリがないかと思うのですが、Apple純正、iPhoneの管理アプリでもあるので難しいですね。

 


PAGE TOP