Kindle Paperwhite(2015) は期待を裏切らない

ブックリーダーはいろいろな種類が発売されているが、リーダーよりも需要なのが「本」。コンテンツがの数が足りなければ、リーダーが例えタダだろうが意味が無い。そういう意味で選択してKindleというのは自然なチョイスといえる。

今回(2015/06/30)、Kindle Paperwhiteがバージョンアップされたので購入してみた。

Kindleシリーズは実にたくさんある。無印、Voyage、Fireと。ただ、これまでどれも一長一短で購買意欲がわかなかった。

スクリーンショット 2015-07-01 13.49.24
無印…いわば初期型なんだけど、解像度も低く(167ppi)、スペックが弱い。
Voyage…高機能版。解像度が高い(300ppi)、しかし高い。
Fire…カラー版。iPadみたいなもの。

本を読むためには「解像度」がとても大切で、それが低いとギザギザが目立ってしまう。マンガなどでは小さな書き込みは潰れてしまうし、曲線はガクガクという感じの表現になってしまうのは仕方がない。純粋の本として読む場合も複雑な漢字は読みづらいので微妙にストレスが溜まってしまうのだ。そういう意味で合格点を出せるのがVoyageとFire。

だけど、光るカラーなんて要らない。Kindleが一番最初に発売された時、一番注目を浴びたのはe-inkという手法だった。これまで液晶の背面から光で照らすという方式から、まるで紙に印刷されたような自然に読めるというe-inkはまさに「本に代わるもの」として画期的だった。ところがFireは従来の光を見つめるような状態になるデバイス。その時点で「リーダー」候補からは除外される。

もし、iPadのように使うのならば、iPadの方がいい。アプリも充実しているからね。

で、Voyageなんだけどネックだったのが価格だった。23,900円という価格は買えるといえば買える金額。しかしながら格安パソコンが30,000円で手に入る時代に、リーダーだけで23,900円と割高感を感じる。

あくまで主体は「本」であり、リーダーは「極めて用途が限られた道具」にすぎない。それに対する価格帯としてはVoyageは適正ではないと感じていたのだ。理想的には10,000円を切るデバイス。それがリーダーとしてのポジションじゃないかと思う。

さて、無印Kindleは8,980円と理想的な価格ながら、階層度の問題でスルーしていた。

そんなときに Kindle Pperwhite の新型が発売されるというニュースを知った。しかも解像度がVoyageと一緒の300ppiという。まさに理想的(価格はちょっとオーバーだが)。速攻で申し込みんで6月30日に手に入れることができた。

なので早速開封していこう。

黒いケースで届いてなかなか重厚さを感じる。
2015-06-30 09.55.14

裏フタにはKindleのアプリアイコンなどで同じみの読書する人がいる。

2015-06-30 09.56.44入っているのは、本体、ケーブル、マニュアル。マニュアルは多言語で書かれていて日本語部分は数ページ。2015-06-30 09.58.22

電源を入れるとセットアップが始まる。2015-06-30 10.05.14 2015-06-30 10.06.19WiFiモデルにしたので設定は必須

2015-06-30 10.07.15 購入時のアカウントが自動的に設定されているので、ログインなどの操作は不要。
もちろん、他のアカウントに切り替えることもできる。

2015-06-30 10.07.53

操作説明を実際に操作をしながら覚えていく。

2015-06-30 10.08.30 2015-06-30 10.08.58 2015-06-30 10.10.18 2015-06-30 10.10.42 2015-06-30 10.11.48 2015-06-30 10.12.05 2015-06-30 10.12.52 2015-06-30 10.13.12 2015-06-30 10.13.43

ハイライトはマーカーで線を引くような感覚

2015-06-30 10.14.24 2015-06-30 10.15.21 2015-06-30 10.15.42 文字を拡大してみよう。ギザギザ感がほとんど感じないレベル。
※歪みはカメラレンズのせいです。

2015-06-30 10.22.30操作も軽くて、良い感じで。この1台に何冊も詰め込んで持ち歩けるのだから、とても便利だ。
Kindle paperwhite 試してほしい

日々達観amazon

Posted by ライトニング 今村 吉宏


PAGE TOP