年末はインフルエンザでダウン

12月26日、クリスマスの翌日に飛行機で実家である愛媛県松山市に戻りました。年末年始は飛行機が混むのでちょっと早めに移動する作戦です。

当日の飛行機の機内には、お母さんと小さな子供連れという組み合わせがとても多かったです。きっとお父さんはあとから合流するという作戦なんでしょうね。

無事に飛行機も到着して家族と合流することになりました。ちょうど翌日には妹家族たちもやってきて、31日には弟の家族も合流予定。つまりは大晦日に家族全員が集合するという流れになっています。(元旦は弟家族は嫁実家へ)

面白いもので特に計画をしてたというわけではありません。気がついたら大晦日に全員集合と言うちょっとした偶然が発生したわけです。

さて1日目は特に問題なかったのですが2日目から若干熱がではじめました。徐々に熱が上がってくる感じだったので、これはきっと風邪なんだろうと単純に考えていました。インフルエンザと言えば、急激な体温上昇、体の関節が痛くなるというのが特徴です。そうなのではなかったんですね。

しかし夜になってどんどんひどくなってきます。そこで病院に行ってみるとしっかりとインフルエンザであることがわかったのです。正直びっくりしました。ふだん風邪を引いたりすることもないので…。

原因として考えられるのは飛行機の中だと思います。閉じ込められた空間にたくさんの人々。そこでインフルエンザウィルスをもらってしまったのかもしれません。

インフルエンザとわかったら直ちに隔離です。自宅の一室を隔離部屋に変更しました。看病は母と妹に頼ることになりました。なんだか、看病してもらいに松山に戻ってきたような感じです。

薬の効果とひたすら眠り続けたということもあり、順調に回復してきました。みんなが集まるを大晦日にはほとんど回復して、少しだけみんなで紅白歌合戦を見ながら食事をしました。一足早くお正月ムードを楽しみました。(まだ伝染する可能性があるので少しだけ)

本当は年末の間にノートパソコン内部(データなど)の大掃除をする予定だったのですが、それはデキませんでした。それは仕方がないので、これから行う予定です。

ということでインフルエンザしんどかったという他愛もないお話でした。今年も頑張ろう。


PAGE TOP