makuake準備中

とある商品のクラウドファンディングの手伝ってる。海外からの商品を紹介するためです。

makuakeというアメーバが運営しているところで、恐らくクラウドファンディングとしては一番件数が多いんじゃないかな。

makuakeは「新しい商品を生み出す」というよりも「日本で販売されているものを紹介する」という紹介が多い。そのため「クラウドファンディングではない」という意見もある。「日本未発売の海外商品」ばかりだから「先行販売サイトだ」という表現はたしかにそのとおりだと思う。

ビジネスモデルとしては「うまいなー」と正直思う。「これから作ります」と言うものの場合、理想が大きすぎて破綻するプロジェクトは多い。そうした中で既に商品が存在していて、量も十分にある。だけど手に入らない(個人輸入以外)。こういうのは必要なビジネスであると思う。

makuakeのクラウドファンディング是非はともかく、「日本未発売を広める」という場所としては使える。積極的にWEB広告も使っているので拡散しやすい。

ログインをするとこんな感じで「基本情報」「リターン内容」「プロジェクト内容」を書き込むことができる。「SNS」はtwitter,facebookへのリンク。「プロフィール」は企画をした人の情報。

ブログのページを作る要領で投稿することができる。だけど文字サイズは変えられないし、HTMLもJSも挿入できないからサブタイトルを作ろうとすると全部画像にしないといけない。これが大変だった。

というわけで資料作り。紹介用原稿書いたり、動画の編集したり、画像を加工したり…。いろいろやっているなー。

この3日間、ほぼ全て資料作成に費やした。締め切りギリギリまで画像の編集や投稿したり。途中、原稿が上書きで消えるというトラブルもあったけど、なんとか形にはなった。まー、細かい点を言えばキリがないけど。

昨日の日曜日の締切が終わり、今はmakuake内での打ち合わせ結果を待っているところ。「こうした方がもっといい」という指示があるらしいのだ。第三者目線というのは大切だから、参考にしよう。

途中、あまりに集中して作業していたので本当に疲れてしまった。食事の時間になって外に出ると、ずーと「ふー」「ふー」と深呼吸をしているような感じ。これを繰り返すことで緊張がほぐれてくるのだ。

よくやったと自分を褒めたい。これ成功して欲しいなー。手伝いなので私のプロジェクトではないけど、やっぱり関わったからには成功させたいよね。

がむしゃらに遠慮なく、全ての手段を用いて。ここで「恥ずかしい」とか「嫌がられる」とか遠慮してたら成功なんかしない。遠慮するというのは怠慢だと思ったほうが良い。小さな非難を恐れて行動を抑制するのは愚かな行為だ。

ということで私も成功のために恥も外聞もなく行動しようと思っているのだ。


PAGE TOP