いよいよ明日、makuake開始。プレスリリースも作った

物販販売のスタートアップにはサイバーエージェントの「makuake」が一番。
何しろ広告をバンバン打っているから、お金が集まるところに更に集まる状態になってる。

ザックリ見た感じmakuakeに出したところの8割ぐらいが「Success」つまり目標達成している。
なんだけどー、失敗した残りの2割はまったく延びないまま失敗する。中には1%とか…。
そのぐらい、二極化してしまうのがmakuakeの特徴なのだ。

それは買う人の性格も表しているな〜と思っていて、ようは「人気の商品」「話題の商品」を「いち早く手に入れたい」「安く手に入れたい」という感じだからなんだと思う。

makuakeはスタートから24時間以内にSuccessになると「新着」とは別に「注目」の商品としてより多くの人達に告知される仕組みになっているそうだ。なので24時間が勝負。

ということで、ガッツリとmakuakeのページも作ったし、@Pressでプレスリリースも依頼することにした。@Pressでは何百という数のニュースリリースサイトに告知できるのだ。

面白かったのはプレスリリースを自分で作って投稿した後に、@Pressのスタッフによって再校正してくれる部分。これのお陰でものすごく「プレスリリースっぽく」なってきた。さすが専門家だな〜と思った次第。

その校正をチェックする仕組みも良くできてて「OK/NG」を選択して承認を得るようになっている。なるほどなー。

最近はいろいろと「餅屋は餅屋に任せる」をしているので、ここでも任せることができたのが有り難い。でも、その元になる素材や思いなどをきちんと伝えることができないと意味が無いよね。

今回のプレスの場合、最初「フランスの商品を日本で販売」という感じで校正されそうになった。そこを「makuakeに成功することが目的」ということを明確に伝えることによって、ぜんぜん違うものへと生まれ変わった。

ようするにゴールが明確であることが重要ってことだね。ただ漠然としたものではなくて、たったひとつの明確なゴールというのが重要だ。

本当にこの作業に2週間は全力投入してきた。動画を編集したし、画像の編集もしたし、文章も書いたし、紹介依頼もアチコチにしたし、ふーーーーーー、よくやった。

いったいどうなるのか。それはスタートしてみないとわからない。その結果がどうなるのか。
成功してほしい。スタート後にもできることは色々あるから準備しておこう。


PAGE TOP