引っ越しを決意するが、悩みは多い

今、住んでいる下北沢のマンションは、駅から5分、2LDK(6畳+6畳+10畳)、家賃21万円とすごく条件が良い。最高と言っても過言ではない。たったひとつの不満を除いて完璧。

manbob86 / Pixabay

たったひとつの不満とは深夜の騒音なのだ。このマンションの前がbarが立ち並ぶところで若干賑やか。ずっとワイワイというわけではないのだが、深夜にbarから出てきた数人が大声で「じゃーねーー」「駅はこっちだよ!」「わははーー」なんて声が聞こえてくる。その声に起こされてしまうのだ。金曜日と土曜日の夜は、ほぼ確実に数回起こされる。

7階という高さでもお構いなしに聞こえてくるのでこればかりはどうしようもない。それがストレスになっているのが正直なところ。本当、これがなければ最高の物件なんだけど…。

実はもう一つ理由があって彼女が住んでいる「練馬駅」に引っ越しをすることを決めている。練馬駅周辺に彼女の家族(母と姉妹)が住んでいて、さらに彼女の子供夫婦が近々引越しして来る予定なのだ。いわば練馬大集合という感じで、それならば私も行こうというノリである。

この2つの理由で引っ越しを決断して、引越し先を探しているところ。だがなかなか良い物件が見つからない。問題は「広さ」なのだ。今と同じ条件の部屋となると55平米以上の広さとなる。

更に騒音に悩まされないように「線路から離れている」「幹線道路から離れている」「飲み屋街から離れている」などを考慮すると全然なくなってしまう。仮に家賃の上限を外しても見つからないぐらい本当に無い。

ちょうど引っ越しシーズンを過ぎてしまっているということも、見つからないことの理由の1つだと思われる。実はいい物件が2つほどあったんだけど、この間、不動産屋に行ったところ「ちょうど契約が入った」ということでどちらもダメだった。こればっかりは一期一会なので仕方がない。

今のところは退室日が決まっているわけではないから、あわてて引っ越す必要はないのだが、アレコレ選べる状況はそれほど変わらないような気がするので困ったものだ。

一人暮らし(彼女が来たとして二人暮らし)なのに、なんで広い部屋が必要かというと…「倉庫」の役割も担っているからだ。彼女が輸入のビジネスをやっている関係で海外からの商品を仕入れている。その置き場が必要。

いろいろと策を練ればなんとかなりそうな気はするのだが…。
例えば、倉庫+事務所と住居と2つの部屋を借りる。実際、一度その体制を取ったことがある。広い部屋が見つからない場合は、この方法しかないだろうな…。

住居、事務所、倉庫、この3つをどのように組み合わせるか、1つにするかが鍵だな。
書いてきたら少しまとまってきたぞ。理想は1つ。無理なら2つ。

住居+事務所、別に倉庫
住居+倉庫、別に事務所
事務所+倉庫、別に住居

こんな組み合わせで検討しても良いかもしれない。3つ目が妥当かな…。
うーん、悩ましい。