我が為の日記ブログ

以前は毎日のように更新していたのに最近はだんだん投稿期間が空いている。
公開日記みたいな位置づけで本音を書くぜが心情だったんだけどね。

日記の効果は2つあると思っている。

1つは将来振り返ったときに「あんなことがあったなー」と思えるところ。「感情の記憶の再生」という感じ。有った事実というのはスマホでぱちぱち撮った写真などで見ることができる。だけど、そのときにどんな感情だったか、何を考えていたか、というのはわからない。

それを言葉という形で残しておくという点が実に面白い。このブログも相当期間書いている(別サイトからの転載もあるけど)。読み返してみると本当に面白く感じる。状況の変化も激しいし。ま、当人だからね。

もう1つは、整理という利点。日々慌ただしく過ごしていると「慌ただしい」だけで終わってしまうこともある。忙しいのは良いことなんだけど、実は空回りの忙しさだったりする。効率が悪い忙しさというほうが分かりやすいかもしれない。

慌ただしい、忙しい、ということで自分自身としては充実感があるんだけど、実際のところ空回りで結果が出ていないなんてことが有ったりするのだ。

それを「書く」ということによって物事を整理して気がつことができる。書くというのは整理してからじゃないと書けない。キーボードを前にしてウンウン唸っても書けない。書きたいことがある程度頭のなかに整理してからじゃないとポエムな日記になってしまう。

だんだん慣れてくると「こういうことについて書こう」と決めたら、まるで自動書記のようにどんどん書けたりするんだけどね。(面白いかどうかは別問題。自動で書けるというだけ)

この2つの利点があるから日記ブログは書いたほうが良い。

もしブログが「ある目的」を持っている場合(集客だったり、販売だったり)、日記ブログは止めた方がいい。目的があるというのは「読んでくれるターゲットがいる」というのに他ならない。

日記は自分が主体であって、自分の言葉で、自分のために、自分で書けばいい。

だけど「ターゲットがいる」ならば「ターゲットのために」書かなくてはいけない。このブログは勿論だけど自分のためのブログなのでターゲットなんか気にしないでダラダラと書いている。

そんなダラダラ日記も、もしかしたら誰かの役に立っているかもしれない。だったらラッキー。

そんなことを朝起きたら、ふと思ったので、記録しておく。^^
ブログもふたたび習慣化したいな。