すごいぞ!Smarty

2017年10月28日

コンテンツマネジメントシステムとして動いているxoopsはSmartyという仕組みが利用されています。
前から名前は知っていたのですが、まったく「興味なし」の状態でした。
よくある説明・・・
「PHPのロジック部分とHTMLのデザイン部分を切り離して分業化できる」
なんのこっちゃ。数人のプロジェクトでもないし、大げさなプログラムを作るわけでもなく、いらないよー。
ということが昨日までの私。
xoopsのモジュールを調べたり改造するにあたって、Smartyのことをお勉強したのですが「こいつはスゴイ!」と思ってしまった。
ロジックとデザインを分業化できるということを別に例えると「HMTLとCSS(スタイルシート)」がいいかもしれない。
勿論、全然違うものだけど比較という意味で。
今までのHTMLは情報とデザインが一緒になっているので、サイト全体のイメージを変更したいと思ったら全頁を変更対象としなければならない。それをCSSで管理しておけば、CSSファイルだけの変更で完了してしまう。
「CSS(スタイルシート)なんて別にいらないよ」と思っていたけど、その良さに気がつくと「なんて便利なんだ」と感じてしまう。
「PHPとSmarty」はそんな関係と同じだと思うのです。
実験的に作ったamazonのWEBサービスを利用したサイトを持っています。
これこそSmartyが活躍する場。ロジックとデザインの分離。
早速、改造に着手しています。
しかし、このSmarty・・・。情報が少ない。歴史はそこそこあるのですが、認知度は相当低いようですし、利用率はさらに低く感じます。確かに無くてもサイトは作れてしまうので・・・。
そんな中で唯一のまとまった情報となるのが、この本。「Smarty入門

Smarty入門

お奨め!!