写真館で記念撮影。が・・・。

2017年10月28日

我が子の1歳の誕生を記念して、写真館で撮影することにしました。
「等身大」のポスターを作ろう!ってのが趣旨。
誕生や初節句などで何度か利用したことがあります。
我が子のりりしい姿をデッカク残すのが目的なので、かっこよく、立ち姿で撮ろうとしたのですが、どーも写真館のスタッフの方は考えが違ったようです。
「まずは地べたに座ったポーズで撮りましょう」、「では、椅子に座って撮りましょう」
と、立って撮ってくれない。
「立ち姿を撮りたい」と申し出ても「後で」と軽くかわされてしまう。
それに「かっこよく」撮りたいのに、クマのぬいぐるみや、おもちゃの打楽器を持たせたりと「可愛い可愛い」な写真に仕上げようとする。
普段はそーゆー写真を望んでいる人が多いのでしょう。1歳では、まだ捕まり立ちの子も多いでしょう。おじいちゃん、おばあちゃんと一緒で「可愛い」写真を撮りたがる人も多いでしょう。
でも、ウチはそれを欲していないのに・・・。こっちの意見聞いてくれよ。
そういえば、初節句の写真撮影のときも、子供向けの音楽を大きくかけて、四方からピコピコを音を出して気を引くというのも気に入らなかった。
結構、我が家では目的もなく音楽を流したり、おもちゃを与えたりはしない。どちらかというとシンプル生活。
なので子供にしてみれば、見慣れない環境で強烈なフラッシュ攻撃でストレスがたまってしまう。
「子供はこういうもの」というステレオタイプに見てしまっているので、意見を取り入れてくれないのでしょう。
結局、今回の撮影の写真は使わないことになりました。来週取り直しです。これが幸いでした。今度はキッチリと最初に意見を伝えます。