和佐さんとまったり過ごす

「今度あそびにきてくださいね」
と以前から和佐さんからご自宅へのお誘いがあったんですけど、
「すみません、なんか忙しくてー」と延び延びに。

そしたら、
「そんなことと言ってたら、ずっとこないでしょ^^」と
メールが来たので、
「来週行きます」
ということで本日、やって来ました。

神戸ーーー。
新幹線で約3時間。
まったりと新幹線の中でくつろいで来ました。

午後2時の少し前ぐらいに自宅に到着。
2時間ぐらい僕のビジネスについてアレコレとコンサルを受けました。

和佐さんのビジネスモデルを教えてもらったのですが、
やっぱ全部に隙がないというのに思わず唸ってしまう。

一つ一つが独立していても魅力的なサービスになっていて、
でも全てのサービスが縦に横に連携するようになっている。

AビジネスはBビジネスにつながり、BはCにつながる。
という感じ。
これだとただのバックエンドだと思うだろうけど、そうじゃない。

Aビジネスでは「全員が対象」となって、
Bビジネスでは「へビューユーザーが対象」となっている。
Cビジネスでは「ライトユーザーが対象」になっている。

Aビジネスで「物足りない」からヘビーユーザーにアプローチ
Bビジネスで、ヘビーユーザーのQAを取りまとめて
Cビジネスで、ライトユーザーに「見るだけ」のサービスとして提供。

こういう流れと繋がりがしっかりしているのが和佐さんの特徴と言える。

和佐さんが準備中の商品レターを先に見せてもらったんだけど、
そのなかのサブヘッドに「どきっ」とした。

 プロモーション貧乏

あれこれと新しいプロモーション(商品紹介や販売)ばかりして
儲かるほどにどんどん忙しくなっていく。
「儲け」と「作業量」が正比例で増えていくようなビジネスのこと。

儲けが増えたら仕事が増えるというのは当たり前と思うかもしれない。
それは「サラリーマン的発想」だとそうなる。

脱サラしてネットビジネスで自由になったはずなのに、
やっていることはサラリーマンと同じで、
 「儲けの大きさ=仕事の量」
という状態になってしまっているのだ。

ネットビジネスでは、その逆。
儲けを増やしながら、作業量を減らすことができる。

そうなんだよね。できると分かっているけど僕は出来ていない。

ってことで、コンサルの内容をもとにビジネスを再構築するぜ。

その後「あの映画、面白い」など盛り上がってから、
喫茶店、カレー屋さん、ガンダムbar(ガンダムフィギュアだらけ)に
一緒に行って楽しんできた。

最初は日帰りのつもりだったんだけど、
「明日、渡邊健太郎さんとランチします」ということを聞いて、
「一緒に行ってもいいですか?」
「いいですよ」
ということで、神戸に一泊することにしました。