渡邊健太郎さんとランチした

ライブドア時に右腕として活躍していた渡邊健太郎さん。
昨日、和佐さんが「渡邊健太郎さんとランチするんです」てことで。
「行っていいすか」「いいですよ」ということで。

ハンバーグステーキを食べながら、談笑。

いやーやっていることのスケールがでか過ぎて笑ってしまった。

映画を1000本近く作ったらしんだけど、その多くが節税のため。

「撮影のため」ということで、
ホテルを作ってみたり…
洋服買ってみたり…
映画が先なのか、買い物が先なのか良くわからない状態に。

映画はトントンだったらOKで、黒字だったらラッキーという感覚。
これはおもしろい感覚だった。

和佐さんも内容は何も考えていないけど、映画作ってみたいなー。
ということだったので、絡むことができたら面白いな。

というのも僕は昔シナリオ学校に通ったことがあって、
結構シナリを見る目が厳しいのだ。

その後、海外ツアーの話になってさらに盛り上がる。
「カンボジアいいですよ」渡邊さんがプッシュ。
同国の大臣と太いパイプがあってかなり自由にできるらしい。
一番すごかったのは、象を空港内に待機させて、到着した人を
象の背中に乗せて、ホテル迄送迎。
当然一般道を歩くことになるので、道路を封鎖して練り歩く。
もうメチャクチャだね。
でも、それができるのが「お金+人脈」の力なのだ。

11月ぐらいに和佐さんとのカンボジアツアーが企画されるかもよ。
でも、高そう。

と、楽しい時間を過ごして、僕は神戸を後にした。
今日の夜はUstreamがあるからね。