ガーーン、こんなに揃えたのに

週末のプログラマーセミナーに向けて準備中。

プロジェクターやら、変換装置やら、セレクターやら、ケーブルやら、
大量に買い込んだのに…。

どーもうまくパソコンに取り込めない…。

調査不足といえば調査不足なんだけど…。
いや、これはやってみないと気がつかないな。

当初の予定ではMacbookAirでプレゼンをするんだけど、
出力をHDMIで出力、それをセレクター&分配器を通して、
プロジェクターとパソコンに送る。
プロジェクターは会場で、パソコンはオンラインで。

一方、僕を映しているデジタルビデオカメラもHDMIで出力。
これもセレクター&分配器を通して、振り分ける。

セレクター&分配器は、入力4を出力2に自由に振り分けられるのだ。

先程のパソコンに送るという部分は出力の一方をつなぐ。
そしてセレクターで入力をプレゼンorビデオカメラにすることで
両方がオンラインで見られるようになるわけだ。

ただHDMIをパソコンに取り込むときは「変換」が必要になる。
そのための機械も購入した70000円なりーーー。

ところが、この変換機器が特定のアプリしか対応してくれないのだ。
うそーーー。

仕組み的にはHDVという「ビデオ記録」という認識で取り込まれる。
つまり「カメラ映像」ではないわけ。

そのため「カメラ映像」を取り込むようにつくられている。
「ビデオ記録」を再生を取り込むということができないのだ。

当初考えていたFlashMediaLiveEncoder経由はできなくなった。
いろいろ調べてみたらUstreamProducerProが唯一対応。
有料。しかもHDV対応はオプションでさらに金額アップ。

うそーーー。

だが悩んでいる場合ではない。ので買ったよ。24500円。とほほ。

本当は広告が出ない有料版UstreamのWatershedで放送したかった。
でもWatershedはProducerProのようなソフトが無い…。

なので、今回はUstreamでパスワードをつけて非公開でセミナー。
ということになりそうだ。

うーーん。
やってみないとわからないことがあるね。
しかし、悲しいのー。