旅行3日目(京都) 映画村で手裏剣投げまくり

京都は清水寺など見たいところはたくさんあるのだけれど、
どーー考えても子供が「いきたーい」とは言いそうもない。

ってことで「東映太秦映画村」に行ってきた。
太秦【うずまさ】が、何度聞いても覚えられない。^^;

時代劇の撮影にも使われている空間を会場として開放してる。
これがまた中々面白い。
長屋がいっぱいあるんだけど、表は骨董屋で裏は道具屋みたいに
一軒が裏表で違っていたりする。撮影は通りからだけでいいから。
室内はセットで撮影されることが多いのでこんな感じ。

イベントとしては忍者ショーが撮影の秘密を教えてくれるショーがある。
撮影の秘密は、内容も面白いだけれど、爆笑ネタが多くて、面白い。
これだけのために是非映画村に言ってほしいほどのクオリティだった。

さて昨日のUSJでは「怖い」を連発してアトラクションを拒否し続けた子供だったが…。
ぬわんと今日は「お化け屋敷」に自らチャレンジすると言い出した。

恐らく昨日の「怖いそうでチャレンジしたら、意外と怖くなったことはあるか?」で「ある」というやり取りがあったからだと思う。

さすがに…お化け屋敷だから、怖いよ。僕だって。^^
ということで出たときには子供は涙ながしながら堪えてた。

「よっしゃ、がんばった。んじゃお化け屋敷平気だったこと、ビデオでお母さんに報告だ」と振ってみると…

「ちょっと待って」と涙をゴシゴシとぬぐい、
「涙のあとついてない?」と聞いてから録画開始。
「平気だったよー」と小芝居してた。可愛らしい。

その後は「手裏剣」にいたくはまってしまい、
鉄製の手裏剣を投げることができるコーナーで
ひたすら投げまくってた。
お土産としても手裏剣をゲット。

映画村には「ヒーロー大集合」の場所があって、こらがまた、
半端じゃないほどヒーローたちが集まっていた。
歴代の戦闘戦隊が初代ゴレンジャーからズラリ。

撮影に使われたバイクやロボット、敵にキャラもいて、
そのボリュームにほんとうに驚いた。
考えてみると「東映なんだなー」と感じた次第。

その後、ホテルに到着。
ちょっと贅沢して、京都駅直結のグランディア京都。
ここは…最高っす。

さて明日は、ゆったりと岡山か広島に向かって
最終目的地である愛媛県松山に入ります。