「カーズ2」を観たのだが…

僕の息子(6歳)がすごく楽しみにしていた「カーズ2」
この間の土曜日に観た。

子供すごく楽しんでいたけど、大人的には微妙な作品だったなー。
ということで正直に感想書きますので。

これから観ようとしている人は読まないほうがいいよーー。

ってことで「カーズ」は車が主人公。
1作目で自己中心的だった主人公マックイーンがとある町での
経験から仲間の大切さに気づくという内容だった。
レーサーとしての技術の成長と、心の成長がうまく描かれて
誰にでもオススメできる映画なんです。

なのですが「カーズ2」は、見た目の面白さだけが優先。
セリフでの状況説明も多くて、大人でも話がややこしい。

映画スタート早々にスクラップになった車が出てきて凹んだ。
敵に見つかったスパイカーが四角い鉄くずの状態で。
これって人間で言えば…想像するだけで凹む。

途中でも敵に捕まったスパイカーが爆死させられるシーンも有る。
とても子供向けとは言えないなー。

子供向けとは言えないといえば、セリフが分かりにくい。
「やっぱりAだよね(本音はBだけど)」
のような大人なら分かるような本音のタテマエのセリフが多い。
子供からするとはハテナになるだろうなー。

たぶんターゲットが明確じゃなかったんだろうなー。
なので子供向けの体裁で、内容は大人向きみたいな
チグハグな感じなってしまったんだと思う。

ここらへんはインターネットビジネスと一緒だね。

「メーターの世界つくり話」の受けが良かったので、
メーターを主役に話を膨らませるスパイ映画にしたんだろうけど。
うーん、もうちょっとしっかり作りこんで欲しかった。
商業的に儲かるから作ったという感じを拭えない。
新しい車の種類だけやたらと多いし…。
ミニカーをコンプリートしようとすると大変だよ。