大阪のトキワ荘に行ってきた

それは「ネットビジネスの志すものが集う場所」だった。

トキワ荘というのはもともと漫画家の卵たちが集っていた場所。
手塚治虫、石ノ森章太郎、松本零士など、伝説と化している漫画家が、日夜「面白い漫画について」語り合っていた場所だった。

そのネットビジネス版の「トキワ荘」ってわけ。

当初のイメージとしては、ワンルームマンションに、パソコンが2,3台という感じ。
ところが実際に行ってみると机が一列にずらりと並び、パソコンが5,6台並んでいる。

完全に作業場だった。スケールでかいぞ!

ひとりひとりが少しずつ資金を出してマンションの一室を借りて、仕事が終わった後、週末、出張時に利用している。

自宅でもできるのがネットビジネスの「いいところ」なのだが、なぜに集まってやるのか…。

基本、人間は甘える動物。危機的状況に陥らないと活動しない。
それは本能的にいざというときの行動力を温存するためなのだが…。
現代社会では単なる「堕落」である。

自宅で一人だけでネットビジネスをきることがメリットであるもの、
逆に、自宅で一人で「やらなければならない」というデメリットもある。

誰も褒めてくれず、誰も叱ってくれず、誰にも相談できない。
そんな環境で日々挑み続けなければならないのだ。

と、いうわけで「集まればいいジャン」というのが、この場所。

調べごとも詳しい人に聞けば一発回答で済んでしまう。
それぞれの得意分野の知恵を出し合って助け合う。

マインド的にもさぼる気持ちを吹き飛ばして、邁進できる。

自動的に作業するために一番手っ取り早い方法は「環境を作ること」

動かざるを得ない環境を作れば、動くしかない。
動けば結果は当然ながら出る。

そんな環境がそこにはあった。

楽しそうだなートキワ荘。

一ヶ月ほど泊まり込みで集中作業したいんですけど…いいすか?

IBR

Posted by よっしー