“やつ”が来た

20年ほど前、この時期には当たり前のように見ていた“やつ”も、
最近はめっきり見なくなった。

もしかしたら「絶滅危惧種」になる時代も来るんじゃないかと、
フッと考えたりもした。

恐竜時代から容姿を変えず生き続けた“やつ”の時代も終わったと…。

昨晩の出来事。
シャワー浴びてから換気のために窓を開けた。
その途端、何かが目の前を横切った。

「なんだ?」と一瞬思ったが、それは“やつ”だった。

黒い昆虫の“やつ”が飛び込んできた。

一瞬焦ったが、裸のまま格闘するのは嫌だなと思ったので、
風呂場に閉じ込めておいて、服を着てから戦闘態勢。

右手に殺虫剤、左手に液体洗剤。

風呂場を覗くが…“やつ”の姿が見えない。音もしない。
トイレの方に逃げ込んだか?と思うがいない。

シャワーをあちこちかけても反応がない。
「もしかして逃げたか?」
いや、そんな能力はないはずだ。どっかに隠れている。

殺虫剤をばんばん振りまいていたら…

カサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサ

いたー!一瞬姿を見せたところで殺虫剤集中投下。
姿は見えないが、音がしなくなったところで、シャワーをながす。

もはや息絶え絶えの“やつ”が流れきた。

とどめに液体洗剤をたっぷりかける。
こうすると洗剤が呼吸器官を塞いで窒息させることができる。

しばし、放置…。

完全に動かなくなった“やつ”をティッシュで包み、トイレに流した。

「最近見ないな」と思った矢先に、見る。
ここでも「念ずれば、通ず」を体験してしまった。

IBR

Posted by よっしー