悪いのはお前だ!

今日、久しぶりに「返金要求」がやってきた。

1ヶ月半ほど前のセミナーに関するもの。

「途中トラブルがあって長い間中断して不快でした」

という理由が書いてあった。
たしかに10時間のセミナー中に30分ほど通信トラブルが合った。

内心、「だったらすぐに返金要求すればいいのに」と
思うのだが、多分こういう理由は後付けなのだろう。

セミナーの返金要求と一緒に、ツールの返金要求もあった。
「ついでに返金ってなんだ?」っとおもったりもした。
しかも9ヶ月前に販売したもので返金可能期間も過ぎている。

けど、二つとも速攻で返金した。
メールが来てから30分で処理完了。

この人のメールを過去にさかのぼって調べてみた。
するとサポート対応した記録があった。
いきなり怒ったメールで「どうなっているんですか」
「楽になるツールじゃないですか」「イライラします」
という感じの文字で埋め尽くされている。

ま…いつもどおり、勘違いからの怒り。
こちらが丁寧に説明しても、さらに怒ってメールがくる。
未完のまま返事が来なくなっていた。
そして久しぶりにきたのが「返金要求」

何でいきなり怒るのかというと「お前が悪い」という
思い込みがあるからに他ならない。
ほんのわずかでも「自分に問題があるのか?」と感じれば
調べてみたり、確認してみたりして、問い合わせる。

「相手が悪い」がスタートなので、つまづく毎に全ての不満が
こちらになってくる。まったく困ったものだよ。

さて、そんなメールを受け取った今日。
ランチにファミリーレストランに出かけた。
普段使わないファミレスなんだけど、出されたライスが
妙にべちゃべちゃしている。
まるで餅米のように米粒同士がひっつき、モサモサする。

食べる気がしなくなったので、おかずだけ食べた。
ライスは二口だけで後は全部残した。

このときに思ったのは…
「これはお店の調理ミスか?それともこういうものか?」

もしかしたらモチモチ感を持たせているのかもしれない。
ふだんと違うお店だから、そのお店の基準がわからない。

次回来たときに比べてみて、答えが判る。

そして楽天市場のユーザー情報を変更しようとしたところ、
どうしてもうまく行かない。
メールアドレス変更の場合は、ワンタイムパスワードという
ものが旧メールアドレスに届いて、それを入力する。

しかし、何度やってもダメ。
前後に余計なスペースが入っていないことも確認。
でもダメ。10回ぐらいやってもダメ。

「これは楽天側のミスか?こちらのミスか?」

カット&ペーストに間違いがない自信があったので、
一応問い合わせをしてみた。返事待ち。

以上のことを踏まえて…
「理解力がない」なのか「説明が下手」なのか?
「操作ミス」なのか「動作不良」なのか?
どっちが悪いかどうかってのは、実はわからない。

そんなことを考えた日だった。

IBR

Posted by よっしー