CFGに参加した。

今日地元でキャッシュフローゲームというのに参加してきました。

「金持ち父さん貧乏父さん」というビジネス書を書いたロバートキヨサキ氏の考えたゲームのことです。

“投資をして不労所得を得る”をゲームを通して体感しようというものです。

理屈はわかってるけども行動できない。
ありがちですよね。
そこでゲームを通して行動シミュレーションするのが目的になっています。

このゲーム大変面白くて、ぜひ、一度試して欲しいなと思います。
インターネットで検索すると地元でキャッシュフローゲームを開催してるところがあるかもしれません。
もしお時間があったら参加してみてください。

事前に「金持ち父さん貧乏父さん」と「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント」という本を読んでおくと、さらに面白いですよ。

ただし、このゲーム参加には注意が必要です…

実は…

このキャッシュフローゲーム会の本当の目的は…

セミナー勧誘のために開かれている(ところが多い)。

ということです。キャーーーー!

別にする否定するわけではないですが、純粋にゲームをしたいだけなのに、そんなセミナーに誘われても迷惑です。

今回二回目の参加だったのですが、始めて参加する時からそれを予測していました。
なので誘われても、適当に言い訳をして断っておきました。

※最終的にネットワークビジネスに繋がる場合もあるそうで…
【ネットワークビジネス嫌いです キャッシュフローゲーム】
http://hateakutoku.blog49.fc2.com/blog-category-19.html

いいセミナーなのかもしれません。確かに体験してみないとわからないかもしれません。
でも、今の私には必要はありません。

ゲームに参加してみて思ったのですが、みんな“勉強中”なんですね。

そうなんです、“勉強中”なんです。

決して“実践中”ではないんです。

IBCのメンバーであれば、実践することの大切さわかってると思います。

知識はみんなたくさん持っています。
だけど実践しないから前に進まない。実感が生まれない。次に進めない。
という状態になっています。

キャッシュフローゲームに参加しているみんなも、その主催者も、ずっと勉強中で行動に移していません。

“不労所得を得よう”を合言葉にしながら、その勉強ばかりしています。

我々に必要なものはもはや勉強ではありません。実践です。

と言われても、どう実践すればいいのかわからない人の方が多いでしょう。

そこで私は、次の事をお勧めします。

「どのように実践すれば良いか考え続ける」

ということです。

まだ実践できる状態でないならば、勉強するのではなく、考える。

このことによって、実践する道が開けます。

答えは本の中にあるのではなく、セミナーで知るのではなく、自分で気づくものです。
気づくためには考え続けなければなりません。
ひらめきというのは突然やってきますが、その前段階として、考えている必要があります。
人間の脳というのはそういうふうにできているからです。

キャッシュフローゲームに参加しているたちのように勉強中のままではいけません。
実践をする必要があります。
もし実践ができないのであれば考え続ける。

このことを忘れないで欲しいなと思っています。

かくいう私も、考えながら実践中の身です。
今日も明日も考え続け実践し続けます。

IBR

Posted by よっしー