Ustream Producer 悪戦苦闘

3月東京交流会で、Skypeビジネスミニ講座を開催予定。

んで、せっかくなので大阪の交流会の人たちにも見てもらえるようにUstreamで配信しようと計画していた。

Usteamは世界中にリアルタイム動画配信できるフリーのサービス。
ブラウザからボタンをクリックするだけで、WEBカメラを通して配信できる。
この手軽さとシステムの安定性から、海外では広く利用されている。

最近ソフトバンクが出資をしたので、いずれ日本語化されると思う。
そうすれば、国内でも一気に広がるかもしれない。

さてと、WEBカメラで送信するのはすぐにでもできるけど、デスクトップ上の画面を送るためにはアプリケーションソフトが必要となる。

それがUstream Producer(フリー版)なのです。

早速ダウンロード、スカイプの画面を表示して…
ノートパソコン内蔵カメラの映像をピクチャーインピクチャー(画面の右下とかに説明する人の顔を表示)させて…
「おぉー順調順調」

CPUの使用率が95%~100%という尋常じゃない状態ですが、まぁ配信できているのでOK。

と・こ・ろ・が…

どーーーーしてもマイクの音声を拾ってくれない。
正しくは「マイクを認識してくれない」

音楽ファイルや動画ファイルを音声はきちんとのるのだが、リアルタイムでしゃべりの声を伝えようとしてもできない。

解決策をインターネット上でめちゃくちゃ探したけど、その問題を解決する方法が見つからない。

まだUstramを利用している人が少ないので、相対的に情報も少なくなる。
Ustreamを使っている人が少なく、さらに動画配信している人はもっと少なく、Producerを使っている人はもっともっと少ない。

ということで、情報はほぼ皆無といった感じ。

QAサイトに質問してみたけど、なしのつぶて。
ツイッターで同じ問題をつぶやいていた人を見つけたのでDMを送ったが、やはり解決できなかった模様…。

おそらく、Windows版のバグだと思われる。
※配信ソフトとしては致命的だと思うのだが…

OSがVsita,7の場合の問題らしい。
たしかVistaから音関係の扱いが変更になったので、それが影響しているのだろう。

それにしてもVsitaが出てから、もうだいぶたっているのだから、対応してくれてもいいのに…。

どうも、UstreamProducerを利用している人はMacが多いらしい。
Macでは、すんなりいくらしいのだけど…。

ということで、「現時点」では、Skype講座を大阪に配信するのは難しそうです。
まだ少し日にちがあるので、方法を考えてみるとけど…。

望みは薄いです…。

IBR

Posted by よっしー