「黄金の豚」オモシレー

久々にドラマを見た。
なぜか不況とか言われるようになると「お金」にまつわるドラマが増える。

この秋の新ドラマもお金に関わるものが多い。

 「黄金の豚」
 「フリーター、家を買う」
 「ナサケの女」

など。ん?そんなに多くないか。ま、いっか。

さて、水曜日「黄金の豚」のCMを見る限りでは、興味ゼロだった。
篠原涼子がデコ電卓を片手に決めぜりふを言う。

「あー、陳腐な展開だな」と思ってた。

とりあえず1話だけ、最初の10分だけ見てみようという気持ちで見た。
が!面白い。
最初の10分で完全に、はまった。

最近忙しくてドラマを見ていないんだけど、これは見る。
そのくらい気に入ってしまった。
新ドラマはなるべく1話を見てから判断するようにしている。

多くのドラマは「おもしろい…けど、もう、いいや」と思ってしまうのだが。
「黄金の豚」は最初の10分で継続してみることを決断した。

具体的な面白さは実際に見て欲しいんだけど…

詐欺師として仮釈放中の主人公は、鋭い洞察力と大胆な行動がウリ。
そこに目を付けられて会計検査庁に抜擢される。
仮釈放中ゆえに大胆ながらも「警察、ヤバイ」とすぐに逃げたり…
会計検査庁の同僚に昔結婚詐欺で騙した男がいたり…
デコ電卓誕生は妹の愛情表現だったり…

ひとつひとつが旨く絡み合って、すごく面白い。

ちょっとだけビジネスネタを挟む。

テレビドラマは、実は「ビジネスに役に立つ」

商品のレター、メルマガの文章、ブログの記事、これら全てストーリーが必要なのだ。

「言いたいこと」をさらっと言うよりも120%、200%、1000%の効果を持って伝えるためには、ストーリーが不可欠。

ドラマのように起承転結を使って、文章を組み立てないといけない。

今日ブログ作りのskypeコンサルをしたんだけど、
「面白いドラマのストーリーを紹介する」という方法を提案した。

短い文章、面白く、興味深く、伝えるという訓練。

素材が面白いドラマなのだから、それをリライトするつもりで書く。
これはいい訓練になる。
使い方によってはコンテンツにもなる。

さて、話はドラマに戻って。
来週の水曜日、「黄金の豚」は面白いから見てね。

あ、第1話の再放送は、10月27日(水)15:55~16:53 だって。