目的と方法

ツールのマニュアルを作るためにMacのPagesで作っていた。
そのときに困ったのが「画像に画像を重ねる」というやり方。

画像をフローティングという設定にして、自由配置できるようにすれば、画像の上に画像をのせることができる。自由配置だから。
しかし、この自由配置は全ページに渡って「その場所」に居続ける。

つまり5ページ目にフローティングで画像を配置したとする。
すると4ページ目を追加すると、5ページ目の本文は6ページ目になる。
だが、フローティング下画像は5ページのままなのだ。

これではページを追加や削除するたびに画像を移動させなければならない。こんな面倒なことやってられないぜ。
きっと何か方法があるはずだ!
とネットで情報を探しまくるがよくわからない。

MacのPagesを含むiWorksは本当に情報が少ない。
これだけMac標準ソフトと言っていいぐらい使われているはずなのに、情報がほとんど見つからない。

しょうがないのでサポートに電話して聞くことにした。
購入してから3ヶ月は使える。そしてまだ2ヶ月。
がんがん使うぜ!

オペレーターは声からしてかなり若い女の子だ。
ちゃんとこちらの意図をくみ取ってくれるかちょっと不安。

「ページ追加で画像が移動しないので困ってます」
「はい、それは無理ですね。フローティングは固定する機能です」
「別な方法とかありますか?」
「インライン(フローティングの逆)なら大丈夫です」
「それだと画像を重ねられないですよね」
「フローティングにすると大丈夫ですよ」
「はー?」
「フローティング同士でグループ化することもできます」
「は!もしかして、フローティングで画像を重ねて、グループ化して、その後にインラインに変更すれば!」
「はい、可能です」
「できましたー、ありがとー」
「はい、グループ化の方法についてお伝え致しました」
「(いや、それが目的ではないのだが…)」

ま、問題は解決したけど終始噛み合っていなかったな−。
その原因は、僕は「目的を達成する方法」を聞いてたのに、
サポーターの人は「手順について答える」からだろう。

目的を達成する方法はたくさんある。
その中でベストな方法を選ぶのが大切。

サポーターの人は「方法は詳しい」。
どんな機能があって、どんな風に使うのか。
だけど、その機能で「何が達成できるのか」というところまで
行き着いていない人が多い。
だから逆引き的に「この機能をこうして」と言えないわけだ。

言葉がどんなに丁寧でも、目的を達成できない
サポートはあまり嬉しくない。

そんなことを思った。

IBR

Posted by よっしー