NGワード「被災地の人に比べたら…」

最近のテレビを見ていると計画停電で、電気が通らない不便を語るときにこの枕詞が付くことが多い。

帰宅のための電車が止まって駅の外で待ち続ける人。
スーパーで買い占めでお米が買えなかった人。
ディスニーランドが休園でがっかりした人。

ネットの中でもあちこちで書き込みを見つける。

「被災地の人に比べたら、このくらい我慢しないと…」

僕はこの言葉を「禁句」と位置づけている。
なぜか?

それは比較しているからだ。
今回に限ってではなく僕は比較することを基本的にしない。

自分より劣っている人を見て、優越感を感じ、
自分より優れている人を見て、劣等感を感じる。

優越感も劣等感も必要のない感情だ。
自分だけに存在して、他には何も生み出さない。

まだピンとこない場合、
こんなシチュエーションを考えてみてほしい。

被災したAさん、被災していないBさん、
あるレストランで一緒に食事をすることになった。

Aさん「無駄遣いできないので、ライスだけください」
Bさん「ハンバーグランチで。Aさんのこと考えたらステーキにできないな」

こんなこと言わないでしょ。
目の前では言わないことをテレビやネットでは言う。

つまりは「他人事」なんだよね。
この言葉を使う時点で。

被災地の人たちのことを思って支援するのはもちろん良い。
寄付だったり、物資を送ったり。
どんどんやった方が良いと思う。

だけど「比べて」云々はすべきじゃない。
と、僕は思うのだ。

もしかして使ってない?「比較の言葉」

IBR

Posted by よっしー