ある女性からの電話

「こんにちは〜●●です。お久しぶりです」
「はぁ?」
「一年ぶりなので忘れちゃってますね」
「えーと、すみません。覚えていません」
「ですよねー。前回マンション投資の件でお電話したですけど、お忙しいということでした」

営業かよ。(-_-)

だらだらネットニュース見てお暇したのでお話聞いてみた。
かなり若い感じの声なんだけど、ケラケラ笑いながら、
「会いたいです〜」
「お伝えしたいことがいっぱいなんです〜」

こ・こいつふざけているのか。
30分ほど遊んでみる。

私「この携帯電話番号どういう経緯で知ったのですか?」
女「名簿屋さんからなんです。それ以上は判りません」

私「あなた信用できるの?」
女「大丈夫です〜。信用してくださ〜い」

私「…」
女「絶対。絶対、大丈夫です」

会話ではなくて、勢いだけトークで疲れる。

私「物件どこですか?」
女「中央区です。すごい良い物件ですよ」
私「今、札幌なんだけど…」
女「え…。町田じゃないんですか?」
私「引っ越したよ。1年前は町田だったけど」(嘘です)
女「あーーーー、でも良いですよ。中央区」
私「話聞けないでしょうが」
女「そうですね…」
私「北海道に物件ないの?」
女「今はないですね〜。横浜とか、多摩とか」
私「関東じゃん」
女「じゃ、札幌に物件あったら会ってくれますか?」
私「いいよ。札幌だけど」
女「探します。見つけたら電話します。札幌いきます」
私「OK、電話待ってるねー。じゃ、また来年〜」
女「はーーい」

……なんじゃこりゃ。

IBR

Posted by よっしー