創造的破壊 実況その1

勝手に会場から中継します。
コイ◯ミさんと竹◯さんも一緒です。

司会が登場、「みなさん緊張していますよね。リラックスしましょう」
という司会者が一番緊張しとる。

原田さん登場。パチパチ
「人生は全部自分のものだ」
うむむ、深いぜ。

以下、要約して書くよ。

「我々はビジネスを生み出していかなければならない」
時代とともに役割を終えたビジネスがある。
逆に時代に合わせたビジネスが生まれなければならない。

「みんなお金を儲けることに恐怖を感じている」
お金持ちを叩く文化がある。それを感じているから儲けるのが怖い。
お金を持っても何も変わらない。
変わるのは選択肢だけ。人、物、時間、情報、場所
そして、お金がなくては何もできない。手段にはお金が必要。

「金を生み出せる人は価値を生み出せる人。そして価値を伝えられる人」

多くはライフワークとライスワークが分離している。
これが一致するようにする。

成功は一歩一歩近づいてくるわけではなく、突然やってくる。

お金を稼いだ後、何に使うかでその先が変わる。
次の順番で使え。スキル、ビジネス、人、見た目。
見た目はかなり重要。第一印象で定義されてしまう。

固定費を増やしてはいけない。家賃、通信費。

レバレッジ。金が金を生むということを起業家として知る。
投資とは違う。起業家が投資をすると失敗する。水と油。

知識と経験が無いほど、その常識を破壊することができる。
余分な知識が多いすぎる人は成功しない。

知識は金を払って買うもの。(お金が責任を含めている)
もしくは労力をかける。人に会う。

次に順番で勉強。自分の専門、自分の興味、他人の事例。

「正確なインプットは正確なアウトプットをもって一連となす」
正確なという点がとても重要なこと。

常識をぶっ壊す経験をする。
100万円の自己啓発セミナーに参加してみた。
パターンをぶっ壊す。同じ店にいかない、同じ人ばかりに合わない。

人脈がないほど、しがらみなく革命を起こせる。
しがらみがあると言いたいことが言えなくなる。

仕事は人からしかこない。

人脈での注意、甘い言葉に乗らない。相手に主導権が握られている。
搾取する人とは付き合わない。自分を成長させてくる人と付き合う。

仲間とは自分の方向性、歩調、エネルギーと一致している人。
それはつまり、自分の成長で仲間が変わっていくということ。

ネガティブパワーを開放せよ。創造の第一歩。

これまでの経験を次のビジネスに展開することで大きくなっていく。

他人が作った世界を楽しむのは、消費者。
仕組みを維持するのは、経営者。
新しい世界を生み出すのが、起業家。

破壊と創造を繰り返すこと。

教育とは踏み絵を踏ませること。

プロになる覚悟を決めろ。
三秒で決断する。
人生の全てを賭けろ。

創造的破壊は自分の内側から。

以上、原田さんのセミナーでした。