infotop続報

お昼を過ぎたけど、まだ復旧してないみたい。
一応、システムは動き出したけど不安定。

ちょうどお昼前にインフォトップの担当者から電話があった。
「ご迷惑おかけしております」ということで。

たぶん、一人一人に電話しているのだと思う。
僕は現在、商品を販売していないしアフィリエイトもしていない。
なのでシステム障害の被害は受けていない。
だからそんなに怒っているわけではない。

ただ、もう一つ怒らない理由がある。
それは「システムトラブルのしんどさを知っている」から。

以前、務めていた会社でシステムトラブルを経験したことがある。

僕主導で準備を進め、業者との打ち合わせを綿密に重ねて、
インターネット接続に関する業者を変更した。
ところがネットワークが繋がらない。
原因は新しい接続業者が会社のネットワーク環境にマッチしていなかったからだ。
業者と入念に打ち合わせをしていたにもかかわらず大失敗。

急遽元のネットワークに戻すことになったけど、ドメインを管理しているJPNICが休日のため変更することができない。
休日が開けて変更を申請、その後待機期間を経て、ようやく戻った。
この間、約5日間会社全体のネット接続ができなくなった。

ネット接続できないということはメールも受信できないということ。
1500人の仕事のメールが送受信できないというトンデモナイ事態になってしまった。

原因は新接続会社との打ち合わせでのやりとりにあった。
僕「当社はこういうふうな接続環境なんですが大丈夫ですか?」
業者「はい、可能です(設定A)」
僕「それとネットワークはこんな感じです。問題ないですか?」
業者「はい、大丈夫です(設定B)」

設定Aと設定Bの両方が必要だったけど、この接続会社はどちらか一方しか対応できない会社だったのだ。

かなり専門的な領域のため僕も気がつかなかった。

で、接続会社の営業はひたすら謝っているのだが…
そこの技術者は他人ごとで「いやー、大変でしたねー」と。

最初、謝ったら負けということで、意図してしらを切る態度なのかと思っていた。しかし、なんどか問題の諸元を追求していく中で、この技術者は本気で「自分たちに責任はない」と思っているとわかった。

打ち合わせの時に僕は泣いた。情けなくて。
30過ぎた男がみんなの前で泣いちゃうぐらい悔しい思いをした。

インフォトップの技術者たちも今も必死で対応していると思う。
そして窓口となる営業サイドは謝るしか無い。
僕は彼らの辛い心情が理解できる。

もちろん決済会社としてシステムダウンするなんて致命的だ。
インフォトップの信頼性は失墜したと言ってもいいぐらいだ。
信頼回復には膨大な時間がかかると思う。

担当の人に対して僕は「とにかく頑張って」と明るく答えた。

IBR

Posted by よっしー