プレゼン能力アップセミナー

以前からちょいちょいと顔を出しているセミナーコンテストの関係で、7名でのミニセミナーがあったので参加してきました。

内容はプレゼン能力アップについて。
これはまさに僕が意識している部分。
「ノウハウもすごいが、セミナー自体が楽しい」ものを目指している。

15分ほど遅刻して勉強してきました。
「フィードバック」が一つのキーワードで、
自分のセミナーを分析して「良い点」と「改善点」を見出すのが需要。
とくに「良い点」と言うが見落としがち。

「改善点」は修正することでスキルアップするのでもちろん重要。
「良い点」は次回のセミナーでも「再現する」ことが必要なのだ。

たしかに「改善点」を意識するばかりで「笑顔でよかった」部分を忘れてしかめっ面でセミナーをやったらイメージは悪くなる。
この「良い点」も注目しないといけない。

うーん、たしかにそうだなー。

その後、懇親会で参加者の中の女性のブランディングで盛り上がる。
可愛い子なんだけど関西弁で結構バシッと言うタイプ。
例えばセミコンの手伝いをしている人にビシバシ指示をだしたり。

「関西弁で怒っているところをUstreamで放送したら面白いぞ」

ってことで個人が特定されないように仮面舞踏会のように顔を隠して、ツイッターで怒られたい男子をビシバシ切り捨てる。
参加者のもう一人の女性がとても癒し系の声を持っているので、
放送の終わりに「今日のお叱り…●●、とっととやれ」でまとめる。

そんな感じで陽気に盛り上がった。
メチャ楽しい。

IBR

Posted by よっしー