来年からのこと

2017年10月2日

嫁さんと相談して、私が年末で会社を辞めることにした。
今の仕事に見切りをつけて、「今もっている自分の知識(?)と技術(?)で稼ごう!」ってわけです。

猶予は1年間で、来年の年末に月額45万円稼いでいないと、再就職という約束です。

アフィリエイトを人達から「月額45万ならすぐだよ」と励ましを受けて、やるぜ!と気合が入っている状態。

今年の年末までに、今抱えているプロジェクトを終わらせて、スッキリと転職しようと思っています。
まぁ、プロジェクトが終わらなくても辞めるつもりではいますけどね。

しかし昨晩、嫁さんが「会社辞めたら、バイトして」とか言い出した。
来年、会社を辞めたら収入が激減するので「バイトして」なのだそうだ。
それは前に話し合いで判っていることだし、フリー期間を1年間という限定にしたのに。

しかもフルタイムでバイトした上に、不足を補うとために深夜もバイトしろだと…。

さすがに頭にきた。
経済的な不安は勿論わかるが、余りにも近視眼的過ぎる。

昨年から、嫁さんが司法書士で開業を目指すというので、同業の仕事をフルタイムで始めることになった。
そのために、1歳になったばかりの子供を午前5時に起こして午前7時から午後7時まで保育園に預けることを許容し、私の朝食・昼食・夕食の全てを外食で済ませることを許容している状態なのだ。
ついでに言わせてもらえば、「ボーナスは1円も使わず全て貯金」ということもあり、ソコソコの貯金はある。

自分のやりたいことは、周りに巻き込んでやろうとするのに、他人がやることには、アレコレと難癖をつけるとは、どういうことか。

私は大抵のことには寛容なほうだが、今回の「バイトしろ」という話には、正直憤慨した。
まぁ半年以上先の話なので、どうなっているかわからないけど。

「はい、はい、わかりました」と適当に聞き流すほうがいいのか…。
「ふざけるなよ!いいか!ウンヌン」と激怒&説得するのがいいのか…。
「黙って俺に着いて来い!」なんて台詞がいいのか…。

いいや。なんだか考えるのが面倒になってきた。
というわけで「1番」で。