アラスカ オーロラ旅行 オーロラ編

ようやくホテル Sophie Station Suites にチェックイン。それと同時に防寒着をもらった。「おぉ!」というぐらいガッシリとした防寒着でこれなら寒さを凌げそうだ。今晩のオーロラ鑑賞から使うのだ。

部屋には広いキッチンがあり、お皿や調理器具、オーブンまである滞在型だった。こりゃ楽しいぞ。

夜10時。バスに1時間ほど揺られてロッジに到着。まるでクリスマスみたいな賑やかさだった。(サンタさんいるし)天井や壁にはなぜかサイン入りの1ドル札がぎっしり。理由は聞かなかったけど訪問記念かな?

近視の私はオーロラを見るために「メガネ」が必要なんだけど、この眼鏡で問題発生。フェイスマスクで顔の寒さをしのいでいるのだが、花粉マスク同様に鼻の横の隙間から息が漏れる。そして眼鏡が曇るそして眼鏡が凍る

メガネを頻繁に拭き拭きしながら、待機。オーロラが出現する可能性の高いのは深夜1時から2時。現在は午後10時ぐらいなので、このロッジでまったりと時間を過ごすのだ。

あーー、ここにボードゲームを持ってくるべきだった。日本からは持ち込んだんだけど、バスに乗る時にうっかり忘れてしまったんだよね。ということでお喋りしながら時間を過ごす。それもまた楽しい時間なんだけどね。

「ちょっと仕事する」と1人がノートパソコンを取り出してメールの返事をはじめた。自由だ。なんて自由なんだ。パソコンとインターネットがあれば、世界中のどこでも、どんな時間でもOKなのだ。遊ぶことも仕事をすることもいつでも好きな時にどーぞー。

深夜0時を過ぎてもまだオーロラの気配すらないので、ツアーで一緒だったおばちゃまたちが、月明かりの極寒の中で「オーロラよ〜現われたまえ〜」と「オーロラ乞い」の儀式をやってて面白かった。もちろん、当人たちもオフザケでやっているんだけど、こういう楽しもうという前向きな姿勢って大切だよね。

しばらくロッジ内でまったりしていると「オーロラ出たよ!」という報告が。みんな一斉に外に飛び出す。そして撮影したのがこちら。(デジカメで撮影)

いや~見事のオーロラだった。オーロラは天候次第なのでまさに「運まかせ」なところはある。我々の1つ前のツアーでは天候不良で結局一度もオーロラを見ること無く、日本に戻ったらしいのだ。そういう意味でラッキーだったと言える。

また月明かりはオーロラ鑑賞には向かない(明るくなるので)のだが、月があったからこそ全員で記念写真を取ることができた。これもラッキーだったと思う。

深夜2時。オーロラ鑑賞は終了してホテルにチェックイン。明日はチナ温泉だ。