巨大な影を作り出す IKEA ハンギングパラソル SEGLARÖ セグラロー

テラスでのんびりしたいーーー。しかし、日差しが厳しすぎるーーー。
ということで、ハンギングパラソルの出番です。

IKEA の SEGLARÖ セグラロー(22,990円) を購入しました。
ついでに土台となる SVARTÖ スヴァルトー(7,000円)

オンラインショップで購入したので、この他に 手数料(3,990円)かかります。
IKEAは自分でピックングして、自分で持ち帰るというのが基本です。
そのため、ピッキングと配送代行の費用というわけです。

センターポールじゃない強み

見ての通り、パラソルの中心にポールがあるタイプではありません。そのおかげで、パラソルの真下にテーブルを置くことも可能です。また角度、向きを自在に変更できるので、時期や時間で変化する太陽の位置に合わせた影を作り出すことができます。

実際に使ってみると、この自由度の高さが気に入りました。最高です。

組立時の注意点

部品はほぼ完成された形で届きますが、土台とパラソルを繋げる必要があります。
で、このパラソル部分。めちゃめちゃ重いので一人での作業は気をつけましょう。
私も手助けしてもらってなんとか組み立てることができました。ふぅ。

重しは必須 80キロ!

それと重しとなるものが必要です。これがないとマジでやばい。
外に置きっぱなしになりますから、絶対に飛ばされないように十分な重さじゃないとね。

合計80Kgとなると持ち運びも大変。近所に ホームセンターのDoit があるのですが、通販で注文することに。

砂だと土台の隙間からポロポロとこぼれきそうだし、砂利だと粒が大きくて隙間が増える。
ということで、その中間の砕石をチョイス。(砕石もサイズがいろいろあります)

コメリ 砕石 20kg にしました。
※1袋単位で配送料がかかりますのでご注意。

SVARTÖ は4つのパーツに別れているので1つに20Kgの計算で入れていきます。
うまい具合に一袋20Kgとちょうどよい。4つで足りました。
(実は予備を含めて5袋購入したので余ってしまった…)

巨大な影を作り出す

パラソル途中を広げていくと巨大な影が誕生しました。思っていた以上にデカかった。Good.
日差しの強いテラスも快適に過ごせるようになったわけです。

こんなふうに角度をつけることもできます。また土台部分が回転するようになっているので、パラソルの向きも自由に変更可能。ピンで止めるので安全。

畳んでみるとこんな感じ。レバーをぐるぐるまわてして、畳んでいき、そのレバーを下にスライドさせることで収納状態になります。

重しの重量が80Kgもあるので、一度設置したら事実上動かすことはできません。できるっちゃーできるけど、すごく面倒&大変。なので最初の設置は十分に検討しましょう。

風に対してはどうか?

ハンギングパラソルの弱点は「風」です。大きく腕を伸ばすような構造のため、パラソル部分が風に煽られると大きく揺れます。でも「折れる」「倒れる」みたいな心配はなさそう。かなりしっかりした作りです。重しもあるしね。

そよ風ぐらいなら全然大丈夫ですが、やはり風には弱いのでこまめに対応するようにしましょう。
広げたまま放置とかはNGです。風が吹き出したり、離れるときは閉じるのが吉です。

あと、雨なんですが…。野ざらしなので気になっちゃいますね。TOSTERÖ トステローを買っておけばよかった。今度IKEAで買い物する予定ができたら買ってきます。

今のところ、配送されたときにパラソルを包んでいたビニール袋で代用しています。まぁ、ぶっちゃけこれでも大丈夫なんだけどね。パラソルは高さがあるのでビニールを被せるのに脚立がいるので、その点が面倒。やっぱり専用カバー欲しい。

総評

ということでハンギングパラソルは超オススメです。
テラスでランチやお茶会などなどやってます。^^