ミッション:インポッシブル/フォールアウト 最高すぎるから観ろ!映画館でな!

2018年8月15日

久々に大興奮しながら観ることができた映画だったなーー。4DXだったというのもあるけど。妹と子どもたちと一緒見たんだけど「うわうわうわ」みたいな思わず声が出てしまうぐらいドキドキハラハラしながら見ていたよ。ということで感想を書くよ。

あんまりネタバレ的なことは書きたくないので、とにかく観ろ!としか言えないんだけどね(笑)。

じつのところ…
前々作「ゴースト・プロトコル」、前作「ローグ・ネイション」がイマイチ好きになれなかった。今作品を見てその理由がよくわかった。

例えば「ゴースト・プロトコル」でクレムリンが爆破されちゃうんだけど、敵が潜入したことを隠すためって…やりすぎでしょう、もっと他に効率のいい方法があったはず。「ローグ・ネーション」では「シンジケートなんてない!」と上層部に言われて孤立するとか、オイオイオイみたいな。ストーリー展開があまり好きじゃなかったんだよね。

そういう観点から見ると、今作はとても無理がなくていい。つまりは脚本が良い。

好きなシーンとしては、イーサン・ハント(トム・クルーズ)が武器商人になりすますんだけど、武器商人自身が暗殺の標的になっていて、さぁどーする!。普通のシナリオなら暗殺者をただバタバタと倒すだけなんだけど、その危機を逆利用してしまうことに痺れる。

他に「取引するなら警備を皆殺しに」と迫られる。取引は成立させる必要はあるが殺人は無理、さぁどーする!。ここもいいね。

ほんとう、書きたいこと山ほどあるんだけど、書けない!もどかしいー。^^

この手のシリーズの場合、毎回「最大の危機」という宣伝がされるんだけど、ミッション・インポッシブルに関して言えば、トム・クルーズ自身が毎回「最大の危機」に挑戦しちゃうので熱い。トムの命がけの撮影を知っているとより興奮度が増すよ。

ミッション・インポッシブル シリーズで最高におもしろいので見てほしいな。
シリーズを見ていた方が楽しめるけど、今作が初めてでも全然問題ない。初見の人にも判るように背景がちゃんと説明されるようになっている。ここも見事だね。