人が空を飛んでいた!本当だって!

10月14日(日)に富士スピードウェイで「FIA 世界耐久選手権 第4戦 富士6時間耐久レース」があったのでした。

ここで度肝を抜かれたのが、こちら。人が飛んでます!
レーススタート前に突如、人が飛んでグリード上に現れました。

時間にして数分でしたが、そのインパクトは抜群。客席の端から端まで、手を振りながらピューンと飛んでいるのに「おおぉぉ!」とビックリするしかなかった。

レース前にすごいもの見せてもらってテンションが上がる。

さて、これに気になったので調べてみたところ「Flyboard Air」というもので最大140Km/hで飛ぶことができるようです。

ビデオを見てもわかるようにすごく安定して飛んでいるのが印象なのでした。

もっと詳しい情報はこちらから確認できます。
小型タービン・エンジンに乗って166km/hで滑空する乗り物「Flyboard Air」。軍事利用にも開発中