さらば、Mac

脱サラをしてときぐらいから、ずーーーーとMacを愛用してた。その期間およそ10年(プラスα)。マカーというやつですね

ですが…2020年、Windowsマンになります。さらばMac!

サラリーマン時代はWindowsオンリーでしたし、Macを使っているときもお客さんからの問い合わせに答えるために、Windowsマシンをちょこちょこ使っていました

でも、これからはちょこちょこMacを使うというスタイルにします

スティーブ・ジョブズのファンでした

MacというよりもAppleのファンでした。周辺のガジェットはAppleだらけ。iPhone,iPad,iPodTouch,AppleTV,Apple,AirMacという具合に、見事にAppleに囲まれています

それらを振り返ってみると「スティーブ・ジョブズの描く未来が好きだった」のかもしれません。iMacに代表されるように「これが未来だ!」と言わんばかりの勢い。あれが良かった

商品一つ一つが「選択肢はない!これ一択だ!」というのがジョブズ流でした。そして納得できていたんですよねーーー

しかし、ジョブズ亡き今、Apple製品は擦り寄り商品ばかりという気がします。iPhoneのサイズはバラバラだし、でかすぎるし、FaceID使いづらいし(マスクしてると無力)、もう不満を言いだしたらきりがありませんよ

あちこちで「ジョブズだったら絶対、許可しない」というようなことが普通になってきた感じがします。しかしながら、後引き継いだティム・クックはビジネスとしては成功したとも言えますけどね

ただ、新しいものは作らず、過去の商品を一生懸命売ってきた人としか私は思えない

でもジョブズだって、新しいものをゼロから生み出したというよりも、誰かが考えたものを「作り直しただけ」ですからね。Macはゼロックスのパクリだったし、タブレットは大昔からあったし…

でも、それら一つ一つが「手放せない」レベルにリノベーションできたのがジョブズだったんですよねーーー

アップルに追いつけ、追い抜け

でもいまは、Appleには新しい時代を作り出す勢いはなさそうです。鳴り物いりで発表されたAppleWatchは、最初からスルーでしたよ。あんな分厚い時計なんか身につけたくないし、あんな小さなが画面で地図見たくないし、1日も持たないバッテリーじゃ安心できないし…(新しくなっても改善しないし)

AppleWatchよりも優れたスマートウォッチはいっぱいあります。iPhoneとの接続が簡単ぐらいしか、魅力を感じないなー。ちなみに私のスマートウォッチはFitbitのVersaです。スマートウォッチに必要な機能は「時計」と「通知」これだけできればいいんですよ!(でしょ?)

これまで、アップルの商品はライバル会社からすれば「追いつくべき目標」だった。しかし今ではアップルのほうが必死になって追いかけている

Androidスマホの巨大化に合わせるようにiPhoneもどんどん巨大化。両手じゃないと使えないほどになってきて、小さい昔のiPhoneSEのほうが人気が出るほど。

それなのにAppleは決して小さいiPhoneSEは出さない(なぜ!?)。きっとそれは「安い商品を出したくない」ということなんでしょう。いや、ほしいのは「安いiPhone」じゃなくて「小さいiPhone」なんですけどね

これ一つだけとってもAppleは、先導者じゃなくて、利益を最優先に追いかける企業にあってしまったと思えます。株主は喜ぶけど、私は喜べないなー

Windowsのメリット

これまでパソコンは「Windowsは使いにくいけど安い」「Macは高いけど使いやすい」という、なんとなく棲み分けがありました。あ、あとデザインの良さはMac。しかし、使いやすさという点でも、デザインという点でもWindowsが、どんどん追いついてきて、総合点としてはWindowsが勝つ場面も増えてきました

特に価格面のメリットはものすごく大きい。Macと同じスペックを構成しようとすると、Windowsは約半額ですみます。実のところ、もっともっと安く構成することでってできてしまうのです

もちろん、どうしてもMacに勝てないところもあります。MacbookProのデザインは優れていると思うし、マジックパッドの快適な操作性には全然追いつけていません。キーボードの入力の快適さもMacのほうが勝ちます

でも、やはり「総合的に」と言ったように現在はWindowsのほうが良い面が多いと思えちゃうのです。チョイスの基準は「どこにこだわるのか」ということでしょう

あ、もう一つMacには利点がありました。それは「選択肢が少ない」ということです。Windowsはメーカーもたくさんあるし、各メーカーものすごい数のバリエーションがあります。これでは、パソコンが詳しい人じゃないと選べない。いや、詳しくても悩む

この点はWindowsメーカーも勇気を持って、1バリエーション1機種ぐらいにしてほしい(頑張れー)

新しいお客さんに進める可能性

さて、MacからWindowsに切り替えることにしたのは、今後の新しいお客さんを見越してのこともあります。数年ぶりに新しい商品を作ろうとしているのです

それは「動画」を軸にして収益を得ていこうというものです。Youtuberじゃないですよ(Youtubeは効率が悪すぎる)。例えば、お家で習い事を教えている人たちが、まずは動画で学習を促すことで広く収益化ができる方法を体系化しようとしています

「動画」がメインになるので、動画作成のためにパソコンが必要になってきます。スマホでも動画編集をやろうと思えばできるけど、やはり編集能力を考えるとパソコンは外せません。で、MacかWindowsとなったとき、やはり手に入れやすいWindowsパソコンを勧めることになるだろうと考えたわけです

使い勝手も以前と比べるとだいぶよくなってきたので、Windowsでも良いかなと思います。まだまだMacのシンプルさには追いつけませんが、動画編集ぐらいならば迷わずできるんじゃないかなーと。安いアプリもたくさんありますし

というわけで、今後はWindowsでやっていくぞ!

ちなみに現在のところ…

今はマウスコンピューターのゲームノートパソコンGTUNEを使っています。これも動画を意識してチョイスしたもの。ノートパソコンのタッチパッドは誤操作が多くてダメダメでしたけど、それ以外は不満はない。スペックもそこそこ良いからね

それに外付けキーボードとマウスをつないで使っています

実は、タッチパッドを購入したんですけど、あまり反応が良くないので3日間で手放すことにしました。誤操作が多いのでダメです。Macのマジックパッドは快適だったのにな(もっとも、価格差は3倍なので仕方がないかもしれない)

なので、マウスの方に戻ってきた

そして、キーボードも新調したんだですが、タッチ感が気にいりません。Macの軽いタッチに慣れすぎて、押し込む必要のあるキーが辛い。そこで余っていたMacのマジックキーボードを使っていたりしました。やはり快適(嬉)

(キーマップを変更したり大変だったけど)

でも、ふと考えました。Macのようなキーボード、Macのようなタッチパッド…これって、Macに束縛されているんじゃないかなーと思うようになってきたんです

よし、もうMacから離れよう

ということでマジックキーボードもマジックパッドも卒業します

でも、キータッチはやはり軽いほうが好みだと言えるので、こちらにしてみた

さらには、デスクトップも購入しようと考えています。動画のためにハイスピードでエンコードできるマシン。これもMacだと50万円ぐらいかかるものでも、Windowsなら25万円ぐらいで用意できます。うーん、素晴らしい

もう少し検討してから、購入の予定