Notionを整理中

Evernoteを長年。それこそ黎明期から使っていた愛用アプリだった。だけど、いろいろと不便なところがあってNotionに切り替え。まだまだ成長中のNotionだけど、Evernoteの上位互換と言えるほどのポテンシャルを持っている

どちらも有料プランに入会。Evernoteのノートも全てNotionに移行(作業は大変だった ^^ )して、今はNotionオンリーになっている

Evernoteのほうが優れいているところもたくさんある。例えばOCR機能、PDFや画像の文字さえも検索結果に表示してくれる。タイトルだけ適当につけても画像内の文字でヒットしてくれるので探しやすい。Notionには、まだそのような機能がない

notion=datebase

Notionが決定的に優れているのは、ノートを階層的に保存できること。データベースとして使うことができること。ノートの形式が、まんまノートだけじゃなくて、リストだったり、ギャラリーだったり、カードだったりと本当にフレキシブルに自由自在に使うことができる。自由すぎて使いこなすのが難しい

Notionで難しく感じるのは自由すぎるからこそ。最初は何気なくノートを作ってみて「あ、これはリスト化したほうがいいな」と後で変更しようとしようと、その作業に時間がかかる。Evernoteのように、そもそも「出来ない」なら一切悩む必要がない

データベースだから、最初に構造をしっかりと考えておく必要がある。もちろんあとからでも項目を追加したり削除したりできるんだけど、やはり最初が肝心。それが億劫になってしまって、つい後回しになってしまうんだよね

Evernoteはどんどん放り込むという感じで、再利用するか否かを考えずにドンドンとメモを投げ込んでいた。それを検索で見つけ出すという感じ。「そういえばメモった覚えが、えーと」みたいな感じ

だけど、Notionは最初から整理整頓しながらノートを記録していく感じが適している。だから、使い方そのものを切り替えないとドンドンとカオスになってきてしまう。

Notionの使いこなし術はあちこちでアップされているので参考にして見るといい、とても参考になる。

過去のノートを整理する

「○○まとめ」というノートをまず作って、その中に過去のノートを分類しながら放り込んでいく。「Move to」という機能を使うことで移動することができる

場合によっては、二箇所のまとめに分類したい場合がある。その場合はメインのノート以外には「リンク」という形で保存する。該当ノートで「copy link」をして、リンクを張りたいノートにペーストするだけ。便利だ

この流れでひたすらに作業を続ける。読書の記録は「Reading List」テンプレートを使って記録。このようなてプレートという機能で、ノートが整理しやすいのが嬉しい。自分なりにカスタマイズして使いやすくして使っている

そんなこんなで今日一日はNotionの整理で終わってしまった。まだ使っていない機能とかあるので、また試しみよう。便利そうなのはkanban機能を実現するカードかな