パワポはやっぱり使いにくい

セミナーのプレゼン資料を作るために使いたくないけど、パワーポイントを使い始めた。Windowsでは、どうしてもこれになっちゃう。MacのときはKeynote一択。Windowsはパワポ一択。

Keynoteを使っていたときでも、もちろんストレスはあったけど、基本的には使いやすかった。「これできるのかな?」はたいてい出来て「こうすればいいのかな?」とクリックしたりしていると、だいたい見つかる

一方、PowerPointは「こうすればいいのかな?」が通用しない。どういう設計でこんなUIにしたのか、わからないぐらい奇々怪々なUIになっている。想像つかないのでイチイチ検索エンジンで操作方法を調べないといけないという不便さ。もうストレスがたんまりと溜まってしまった。本当使いたくないよね

さらに頭を混乱させてくれのが「ストアプリ版」と「ディスクトップ版」の2つのタイプの存在。これ、機能が違うのに「アイコンが完全に一緒」だから、自分がストアアプリ版を使っているのか、デスクトップ版を使っているのかがわからない。ディスクトップ版をインストールしたら、そちらが優先されるみたいだけど。

最初、ストアアプリ版を使っていて、どうにも機能が足りない。図形の丸みの部分を調整したい。ネットで調べると「ハンドルが表示されるので、それをつまんで」と書いているけど、そういうのが表示されない。ものすごく悩んでYahoo知恵袋に相談してみたら「Web版じゃないですか?」という回答

いやいや、インストールして使っているからWeb版じゃないでしょ?しかも、起動したアプリを確認しても「アプリ」と表示されるし…(ふふふ、馬鹿めbyMicrosoft)。これはストアアプリ版。つまり、Web版がデスクトップアプリのふりをして動いているバージョンだった

本当に腹が立つぜ、マイクロソフト。こんなややこしいことしやがって。

どういう理由で、同じアイコン、同じ画面、同じ操作方法なのに「じつは違うんですよ。ははは」みたいなことやっているんだ。だから嫌いなんだよねMicrosoftは。なんか「コレ便利だろ?」という勝手な思い込みを強要されている感じがするんだよね。いや、強要されているんだ

まぁ、Windowsの「リボン」とかいう悪名高きUIも放置したままだし、そういう会社なんだよね。顧客のニーズには答えないっていうか。Appleも顧客の意見よりも「こういうほうが使いやすいだろう」と驚くようなUIを出してくるけど、まさに「あ、これでいいんだ!スゴイ」という感じのものを見せてくれる。Windowsにはそれがない。勘違いキング。

昔と比べたら相当使いやすくはなったけど、Macに近づいただけで追いついてないし、ましてや追い抜いてもいな。アプリケーションには、その開発者の思想が宿る。もうグチャグチャ。そんな感じ