メルカリ事件簿「これ、合わないんですけど」

おおっと、こういう事態が起きるとは…メルカリ出品した商品の購入者から「説品説明と違う」との連絡

とある外国製の折りたたみ自転車を購入しようとしたら、納期が1ヶ月待ち。仕方がないなーと思いながら待っていて、そろそろ納品かなーと思っていた矢先に「もう1ヶ月かかります」という連絡があって、キャンセルした

待っている間、必要なものを買っておこうと「スタンド」を購入。このスタンド、自転車が無いので不要になってしまった。そこでメルカリに出品したという流れ。で、購入したページの説明文を基本的にはそのままコピペ。これで問題がないはずなんだけど…

適合車種として書かれていた3台のうち、1つはどうもマッチしないらしい。そう、今回メルカリで購入した人は、この3つも車種に取り付けようと思っていたのだ。もう構造的につけられない状態…

えーーーっと思って、販売履歴から購入ページを確認、やっぱり転記ミスというわけではない。この説明文が間違っているのだ。というわけで、ショップに問い合わせ中

しかし、購入者の対応はどうするべきか…新品4000円で購入、メルカリに3300円で売りに出し、手数料330円・配送料800円を引いて、売上は2200円ほど。返品してもらうのに800円として、結局2000円無駄にすることになる(くそーー)

まさかの事態だなー。今はショップに「取り付ける方法ありますか?」ということを聞いているところ。もしかしたら、我々の知らない方法があるのかもしれない…(構造的に無理そうだから、なさそうだけど)

返事待ち。とほほ