朝5時起き。そして動画の編集とStand.fm

2021年11月16日

西部劇ごっこ

子どもがサバイバルゲームに参加するということで早起き。私は早起きする必要はないんだけど、遅刻しないように一緒に起きる。何でも、今回は「ウエスタン」をテーマにしたものらしく、子どもが大好きなジャンルなので絶対に外せないもの。

千葉で開催ということで、現在住んでいるところから考えると「東京を横断する」レベルに遠い。幸い、同じ趣味の人が車まで連れて行ってくれることということで、集合時間に間に合うためには5時起きしなければならないのだ。

最近は目覚まし時計が鳴った瞬間に目覚めて、ほぼ日常通りの生活できる。しかしながら流石に5時は起きることはできても通常の動きはなかなか大変だった。子どもを起こすことが精一杯という感じ(と言ってもノックだけだけど)。無事に送り出して、少し仮眠を取る。

その僅かな間に「忘れ物した」と言って戻ってきた。完全に遅刻だな。なぜ忘れ物をするのか?シンプルに準備が足りないからだろう。「朝、準備しよう」と思うからハマる。まーこれも経験だから、自ら学んでもらおう。

一旦ベッドに入ったものの、やっぱり眠れないので起き上がって、朝食を食べて、少し作業をして、ゲームして、やっぱり眠いので寝た。次に起きたときにはお昼になっていた。ありゃ。めっちゃ時間をロスしている。仕方がないな。ということでお昼ごはんを食べて、動画の編集作業。無事完成して一段落ついた

サーバーエラー

さて、夕方となり夕飯でも買ってくるかと、立ち上がろうとしたときに電話がかかってくる。「販売サイトがエラーで表示されない」という。なんだってー。確かにサーバーエラーが出ている負荷が大きいようだ。なぜ私に連絡がくるかと言うと、販売サイトを表示するための特別なWordpress用プラグインを提供してるからだ。

どうしても内部システムが複雑なため負荷が大きい。それにしてもエラーがこんなに頻発するとは変だ?と思って調べてみたら…同じ専用サーバー内に別のドメインでサイトが作られており、そこからデータを読み込んで、データを表示していた。しかも、その元ページが結構重い。重いページを読み込んで、重い処理をするプラグインで表示していたので、サーバーにはダブルで負荷がかかっていたようだ。

そこで、表示元のデータを他のサーバーに移してもらう対応をしてもらった。すると無事にエラーもなく表示することができるようになった。こういう部分はやっぱりある程度の経験がないと気が付かないよね。連絡をくれた友人もホッとしているようだった。

Stand.fm

とあるチャットサービスで「Stand.fm」が面白いという書き込みを見たので使ってみた。「まずはやってみよう」精神。正直まだ魅力がよくわからない。音声SNS的なサービスはたくさんある。しかし、どれもヒットしているとはいい難い。2021年の前半に話題になった Clubhouse 、これも結構下火。ほとんど仲間内でも聞かなくなった。

どのサービスも固定ファンは居ると思う。いわゆる「住人」というやつ。しかしながら、それ以上のパイが広がらないという問題が生じている。ブログのような文字、YouTubeのような動画とは違って、音声というのは「一瞬ではわからない」。まるでラジオのように偶然に耳にして「あ、これ面白いから、毎回聞こう」という感じになりにくいんだよね。

ラジオにしたって、聞きたいから聞くというよりも、習慣的にラジオを聞く時間が決まっているのだろう。例えば、朝の出勤前、通勤中、休み時間、帰宅中、食事中、などなど。ようするに決まった時間に聞いているので、積極的なものではないような気がする。

今のところ、音声SNSサービスの活路がよくわからない。定期的に「これからは音声だ」と言われたりする。2021年はClubhouseだった。また何年か経つと同じように出てくるだろうな。

ということで、それほど未来を感じないものの「しゃべる練習」という気持ちでしばらくやってみる。自分の昔話でも面白く話せば、誰か聞いてくれるだろう(オイオイ、その発想じゃファンは増えないだろう)