まずは「学び方」を伝えよう

さて、現在作成しているコンテンツ。これをもとに学んでもらうんだけど、このまま見せると「手抜き」と思われるかもしれないと思った。メインコンテンツは、動画画面は「キーワード」か「短文」だけ表示をして、3分程度、同じキーワードを表示したまま、喋って説明しているからだ。

最初作ったときは、結構細かく文章を書いて、かなりの枚数のプレゼン画面を作ってた。でも、これだと、そのまま書き写して終わってしまう人がいるかも知れない。と思うようになった。

ちゃんと学んでほしい。このコンテンツを基礎を学んで成功にたどり着いてほしいという気持ちがあった。だから、書き写しではなく、自分でしっかりと考えながら学んでほしいという思いになった。だから、キーワードだけにして、声を聞きながら、自分で必要だと思う情報を抜き出していくというスタイルにしたのだ。

そして、そのことを伝えるために「学び方」というビデオを最初に作ることにした。ほんの10分程度の動画だけど、とても大切なこと。学び方を知ってから学ぶというのは重要だ。

実は副作用として、プレゼン資料の作成が簡単になった。そして作成手順が、マインドマップを作る、音声を録る、プレゼン資料を作る、音声とプレゼン資料をドッキングさせて動画にするという流れになっている。

このスタイル、結構自分にあっているなーと思ったので、基本的にはこのスタイルで行こう。これも何度も同じ動画を作り直してたどり着いた方法だ。やってみないとわからないね。そして、スクラップ・アンド・ビルドしないとたどり着けないね

自分にとって最適な方法を見つけたので、勢いつけて作っていこう。