我が子は修学旅行へ、韓国ドラマを一気観、動画撮影2本

なんだか盛り沢山だなー。高校2年制になる我が子は、明日から沖縄への修学旅行。コロナで中止も検討されたみたいだけど、だいぶ落ち着いてきたということ&先生たちが「実施したい」という思いで頑張ってくれたそうだ。

さて、明日からなのに、今日から出発というのは、今日は町田にある元嫁実家の方に泊まるからだ。なんと羽田空港に6時30分に到着しないといけないらしい。そこで、少しでも近くにいたほうが良いということで、町田に鳴った。八王子よりも30分ぐらいゆっくりできる。早朝の30分ってとても大きいからね

子どもが出発して、一人で夕ご飯。その後、Netflixで新しく公開された「地獄が呼んでる」を見る。昨日2話見たけど、残りの4話も全部見てしまった。地獄の使者(怪物3体)が突然現れて、特定の人を痛めつけた後、焼き殺すという自体が発生。それは「神による悪事の制裁、地獄に行く前に苦痛を味わう」と、解説する人物が現れる。

ストーリーとしてはなかなか面白い。だけど、毎話胸クソ悪い展開が多いので、見る人をかなり選ぶと思う。とにかく暴力的。そのモンスターに影響されて、正義のために狂ったように暴力的な若者が、一方的にバットやハンマーなどで人を襲う。反撃もできないほど一方的。少しうんざりした。

でも、話としては面白い。本当、韓国の映画(ドラマ)って容赦がないよね。子どもでも平気で死んじゃう映画あるし。

さて、その後はビデオ撮りを2本。撮影前にしっかりと「外郎売」を朗読。これで滑舌が良くなるはずだ。はちみつも少し飲んでからスタート。1時間30分ほどで撮り終えた。最近は、短めに作るように意識している。勉強する人が1時間、2時間持たないからだ。昔は2時間なんて普通だったんだけどね。20分から30分が良さそうな金がする。

思い返してみると、昔音声コンテンツを購入者に配ったときに、やっぱり30分程度がちょうどよいというアンケー家と結果だった気がする(記憶が曖昧)。

さて、今度編集作業が待っている。頑張らねば。