節約生活のシミュレーション

さて、節約とは無限にできてしまう。しかし、快適に暮らしながらも成約することだってできるはずだ。そんな気持ちで二日間を過ごしてみた。昨日は、朝昼夜とも家の中で食べた(夜はおにぎり)。

今日は、朝は自宅で、昼は近所の中華料理屋さんに行った。このお店、ランチは600円というリーズナブルな価格で、五目焼きそばとスープとご飯とミニサラダとコーヒーが付いてくる。抜群のコストパフォーマンス。そして味も美味しい。というわけで以前からお気に入りだったので、久しぶりに行ってみた(練馬)。思えば1年以上ぶりかもしれない。

さて、夜なのだが、八王子の自宅に戻ってスーパーでお弁当を買ってきた。いつもなら子ども一緒なので何かを作るのだが、今は修学旅行中なので居ない。だから、割引のお弁当で済ませてしまおうという魂胆だ。で、30%OFFのチキンステーキ弁当を発見。チキンは良いね。ただステーキソースがヤバいけど。と、言いながら、しっかりと「ポテトチップス」を買ってしまった。しかも大袋。いらないなーと思いつつも、子どもが居ない好きにやりたい放題したい気分だったので。

すっかり節約生活がすっぽ抜けて余計な買い物をしてしまったよ。イカンイカン。

さて、自宅に戻り映画を二本観る。ポテチを食べながら、うぅお腹いっぱいだ。その後、自宅筋トレをしてから、プチッとFPSゲーム。あぁ、もう夜遅い。ブログでも書かなきゃ…

と、書いている途中に「オンライン試写会 視聴期間最終日」であることに気がつく。おぉっと午前0時まで、後30分。恐らくはスタートさえ、今日のうちにしておけば大丈夫なはずだ(たぶん)。ということで、慌てて視聴開始

「悪なき殺人」というフランス映画のサスペンス。雪深いフランスの田舎で女性の失踪事件が起きる。そこには偶然が折り重なって悲劇が誕生していた、という感じ。

「あれは、そういうことだったの!?」とたくさんあって、思わず唸る。

なかなかフランス映画っぽい、分かるような分からないような映画だった。結構好きかも。人にはお勧めしにくいけど。あと「悪なき殺人」って邦題。毎度、酷い。