販売準備とオミクロン株

販売開始に向けて準備中

スターバックスに入店して、本気モード炸裂!ノートパソコンを開いて、集中してレターの修正に入る。やっぱり時間を開けてみると、粗が結構見えてくる。単純な入力ミスや変換ミス、文体の不統一性、言い回しが硬かったり、逆に柔らかすぎたり。そういう部分を修正。

もっとスラスラと読めるように改行も多めに入れて、レイアウトを調整。だいぶ良くなってきた。

しかし、まだまだ調整が必要だと感じる。だが、それに時間をかけすぎてはいけない。もう売ることをスタートさせないと。まーーーた、いろいろ時間を消費しちゃうからね。売りながら調整すればOKさ!

メルカリでボドゲが売れた

値引きコメントが有ったんだけど、面倒くさかったのでそのまま放置。なんか「とりあえず値引き文化」のメルカリなので仕方がないんだけど、正直値引き交渉は好きじゃない。

結局、その値引きお願いコメントくれた人が、値付けのまま購入してくれた。

午前中のカフェから一旦家に戻り、梱包して「ゆうパック」で配送。ちょうどゆうパックの梱包材が余っていたので。

コロナ関連「オミクロン株」でテレビは盛り上がり

さて、2020年の初頭から始まったコロナウィルスの問題。未知のウィルスということで世界中がパニック状態だったけど、日本国内に置いては最近すっかり収まってしまった。

「速報!」と言って提示報告されていた感染者数も20人とか、そんな程度。そもそも1日1000人でも「検査が陽性」だっただけで、発症していない人も多くて、以前から気にしていなかった。だから、もう「日常」というレベルに戻ったのではないかと思うほどの低さ。

もちろん、完全集結したわけではないので、マスクや手の消毒など「お店が要求すること」についてはチャンと対応している。以前にドヤ顔で「根拠を示せ!」と飛行機内で大騒ぎした社会性のない輩とは違う。

「緊急事態宣言を解除したら、感染者のリバウンドが起きる!」と繰り返し騒いでいたテレビは、完全に予測が外れて、視聴率は下がってきているだろう。必死で不安を煽るようにしているけど、実数が小さいから迫力も何もありゃしない。

そこに新しい株「オミクロン」が現れた。実はこれ10月から認知されていたらしくて、とっくに世界中に密かに蔓延していると言われているものだ。それが今日「国内で2例目」ということでテレビは大騒ぎになっている。さて、ウィルス株は変異を繰り返すほどに「感染力は強くなり、強毒性は弱くなる」このオミクロンも「症状は軽い」と言われている。

だが、テレビではさらっと「毒性は弱い」ことを言うだけで、感染すること自体が大変なことだと言わんばかりに「大変です」と繰り返している。テレビって結局、おじいちゃん、おばあちゃん中心なので、健康不安を煽ることが一番視聴率取れちゃうんだよね。

ネット上では呆れた声のほうが多いんだけどね。しょうがないね。
いつもどおりだなーと静観しましょう。いつもどおりの生活します。