期末考査直前、ペーパーハウス5、イケボ計画

期末考査直前

高校2年になる我が子は今週「期末考査」がある。テストというのは嫌なものだよね。自分を点数によってランク付けされるシステムだ。赤点になれば、追試や居残りがある。勉強が苦手な人を更に苦手にさせてしまうシステムだと感じる。これが合理的な方法だから仕方がないんだけどね。

我が子の成績は、極めて悪い、学年で最下位を争うレベルだ。小学校から勉強が好きではないのに、大人たちのすすめで「医学部」を目指す中高一貫校を受験。試験成績はまるっきし駄目だったけど、作文の評価が高くて、推薦入学となった。

しかしながら元々勉強を楽しめないので、中学時代に成績はダダ下がり。本人も「これが普通」という感覚になってしまっていた。一緒に住む前だったから、勉強についてはアドバイスも何もできない状態だった。

「勉強しろって言わないほうがいいよ」と、そのときいっしょにすんでたいいた元嫁&両親(祖父母)に言い続けたんだけど、「言わないと勉強やらない!」と言って、勉強嫌いを加速させていった。一般家庭はそんな感じなんだろうな

中学3年生の2学期から一緒に住むようになり、勉強についての考え方を改めるように画策した。まずは「勉強しろ」とは一切言わない。いろいろと相談しながら本人がやりたいようにやらせてみる。

アドバイスとしては中学1年の数学まで戻って基礎をひたすら勉強するように伝えた。数学、英語などは基礎の積み重ね。Aを理解してBが理解できるという構造なので、中学英語、中学数学が極めて重要だからだ。

高校1年のとき、あまりに成績が悪すぎて留年の危機となった。子ども自身、さすがにヤバいと思って勉強を頑張ってすこしだけ成績が上がった。私は大いに褒めた「勉強した分、生成機が上がると実感できたな」というふうに。

「やればできる、やらなきゃできない」がわかれば、後は本人次第。

そして、オンライン家庭教師をつけた。これが凄まじくヒットだった。ちょうど知り合いに家庭教師をしている人がいた。勉強に対する考え方がドンピシャだったので速攻で依頼。子どもとも意気投合。

いい感じで勉強すすでいる。後はやるだけ、本当にひたすらにやるだけだ。期末考査の結果はどうなるかわからない。もしかしたら、まだ基礎固めが足りないかもしれない。しかし、確実に伸びている。それが重要なんだ

ペーパーハウス シーズン5

このシーズンでファイナルだという。うーん、シーズン1の衝撃はすごかった。2,3,4も見応えがある。4はもう戦争状態で、知恵でなんとか乗り切るという感じではなかったけどね。

シーズン4の最終話では衝撃的な展開でまさかの「トーキョーが!」だった。(半分ネタバレだけど)

それに続くシーズン5の1話目。相変わらずのハイテンポで話が進んでいく。1時間の中で、教授から逃げ、教授は捕まり、教授は逃げ出し、共闘体制になる、と目まぐるしく変わる。

このスピード感で最後まで乗り切ってくれるのだろうか。すごいなー。例のごとく1話ずつ見ていくよ。しばらく楽しめそうだ。

イケボになろうと画策中

YouTubeで「起業ネタ」を探っている最中に「イケボ]についての動画が出てきた。ほほーと思ってみてみると、なかなか面白い。

昔々、セミナー時に声の通りを良くしたいという思いから「アナウンサー学校」に通ったことがある。ここでも基本的なことは教わったけど、どちらかというと「滑舌を良くする」ことがメインだった。

イケボとはまさに「聞いているだけで幸せ」と感じるようなボイス。

子供の頃に変に甲高い声、自分の声が嫌いでテレビのナレーターの喋りを真似して修正した経験がある。その御蔭で今では「聞きやすい」と言ってもらえる。ノウハウを語る音声ファイルでは「ずっと聞いていられる」「安心できる声」と感想をくれた人もいた

だが、残念ながら「イケボではない」。そう聞きやすいけど、素敵な声ではないのだ。だから、修正をしたい。以前、すこしだけ調べたことがある。主にYouTubeで。

そのときに「鼻から息を抜く」みたいなテクニックを知った。真似てみたけど、無理があった。まず息が続かない。それに聞きやすい声にならない。むしろ聞きにくい。これはアカン、自分には合わないと思ってやめた。

で、今日のYouTubeでは「声帯閉鎖」という方法を知った。これが実は基礎となっているようなのだ。声帯閉鎖がチャンとできない人が、鼻声のような方法で誤魔化しているという印象を受けた。言ってみれば、手抜き料理みたいなもの。

手抜き料理とは、本来の作り方を知った上でやったほうがいい。手を抜いても結果が同じであることが重要なのだから。だから、まずは声帯閉鎖をマスターするべきだろう。

ただ、これ自体ももしかしたら「基礎の一部」に過ぎないかもしれない。そんなことを思いながらも、たしかに試してみると、声質に変化を感じたので、しばらく練習を続けてみようと思う。Todoistでスケジュール化しよう