2つの病院とシチュー作り

2つの病院

定期的に通っている病院が2つある。内科と皮膚科。内科は「フェキソフェナジン」という花粉の薬。毎日、欠かさずに飲んでいる。花粉の季節ではないときも飲んでいる理由は、この薬が皮膚の炎症も抑えてくれるからなのだ。

どうも、皮膚が弱いらしくてすぐに被れてしまう。とびひ(伝染性膿痂疹)なのか、治っては他で発症するを繰り返している。いずれも軽度何だけどね。フェキソフェナジンによってだいぶ楽になっている。

今日は、その薬をもらってきた。今まで30日分だったけど60日分でお願いした。通うのが面倒だし、毎回薬をもらうだけだからね。先生も「はーい」ということで速攻OK。

そしてもう一つの病院。皮膚科。さきほどの「とびひ」らしき症状のところに塗る薬。弱い薬なので、即効性は無いもの数日で症状も軽くなるので使っている。放置しておくと痒くなって、ついつい掻いてしまい悪化しちゃうんだよね。

さて、通っている皮膚科が…いつも激混み。半年に一回程度しかいかないので忘れいていた。突撃したら「30分待ち」と言われる。が、予約の合間なので全く信用できない。結局予約の人が優先で、たいてい後ろにずれ込むので、ドンドン後回しになる。最終的に「午前中のすべての予約が終わってから」になるのが現実。

ということは、30分ではなく、2時間コースだ…。こりゃ待てないということで「予約します」と話す。予約で空いているのは2週間先。しょうがない。なんでこんなに人気がある病院なのかわからないな。

チョット面倒だと思うのは、入った瞬間に「手を洗ってください!」って言われる。アルコール消毒じゃなくて、手を洗う。すごく面倒くさい。前は「次回から不織布マスクにしてください!」とキレ気味言われたこともある。ふぅ。しゃーない。

2つの病院のうち、処方箋をもらえたのは1つだけ。薬局に行って薬をもらってきた。

YouTubeの勉強中

さて、新商品の販売直前ということで、次のステップも考えている。それは集客。どうやって集めるかを考えなければならない。いろいろと集客方法はあるけど、YouTubeとツイッターを検討している。

どちらも簡単ではないけど、ブログを作ってSEOで…というのは結構しんどい。なので、即効性の有りそうな2つのSNSを使う計画。

YouTubeにしてもTwitterにしても、見たがるものを見せるという戦略が必要になる。リサーチをして、人気のものをTTP(徹底的にパクる)戦略で集客しないといけない。

ただ、問題としては「稼ぎたい」という意識の人はYouTubeにもTwitterにも、それほどいないという事実だ。なので「YouTubeで人気の動画を」と言っても、そもそも狙ったジャンルで人気の動画無いってことなんだよね。

うーん、人気の動画を真似て、無理やり関連付けるか…ずっと考えているけどまだ答えは出ていない。優先は商品を販売することだから、まずはそちらに集中しよう。

シチューを初めて作ったかも

ふと「あれ?子供と一緒に住むようになって、シチュー作ったこと無いかも?」と思い立ち。急遽、シチューを作ることにした。材料も作り方もシンプル。豚肉・人参・ジャガイモを切って投入、ルーを入れて混ぜてOK。

ご飯の変わりにフランスパンを買ってきた。味はもちろん、うまーーーーい。

彩りにブロッコリーを最後に投入。先に入れるとバラバラになって色合いが悪くなるので、最後でね。
料理のレパートリーが一つ増えたということでいいのかな。まぁ作り方はカレーと一緒だけどね。