雪が降ってきた。感染者が爆発的増加

雪がしんしんと降っている

今日は日本中で気温が低下。午前中には東京23区で、我が八王子も午後から雪が振り始めた。ゆっくりと落ちてくるタイプの雪なので、観ているとほっこりしてくる。

時間が経っても結構降っていて、夕方の食事準備のときにテレビを見てみると「23区大雪警報」が発令されていた。電車の遅れや成田空港では飛行機の欠航もあったようだ。

昨日戻ってきて良かった。今日だと電車の遅れに巻き込まれていたに違いない。またバスだとトンデモナイ時間車中に閉じ込められていた危険性も有る。ラッキーだった。

明日は、今日の雪が凍結しているので実はもっと危険かもしれない。注意しなければ。

またコロナが増えてきた報道にうんざり

オミクロン株が国内に入ってきて、1ヶ月ほど経つのかな?今日は急激に感染者が増えたということでテレビは張り切って報道中。変異するたびに感染力は高まる一方で、強毒性は弱まっていく。そのため、いくら蔓延してたしても重傷者にならなければ、なんの問題もない。

今日の重傷者はなんと!3人。え?たったの3人ですか?という感じだろうな。もっとも今日判明した人たちが重症化するのにはタイムラグがあるだろうから、数日後どうなっているかによるけどね。

嫌だなーと思うのは「緊急事態宣言」みたいなものが発令されること。これされると経済が本当に停滞するし、何をするにも制限がかかるので不満が募るばかりなんだよね。

テレビ局としては家に引きこもって、テレビばかり見てほしいだろうから「不要不急の外出はやめよう」っていうけどね。

例え、今後1日に1,000人、2,000人なろうが、普段どおりの生活で行くつもり。のんびりやろう。